男性の悩みの1つ包茎。ここでは基礎知識として40代以上の包茎患者についてレポートします。

基礎知識<40代以上の包茎患者の割合>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に包茎に関する悩みが多いとされています。包茎は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな包茎に対する基礎知識として「40代以上の包茎患者」についてレポートします。

基礎知識「40代以上の包茎患者の割合」について

男性が包茎で悩む人の割合は高く、その中でも日本人の場合は大半が仮性包茎だと言われています。ただ、包茎と言うと若い男性のイメージが強く、手術を受けるのは若い人という印象が強いのですが、40代以上の包茎患者の割合はどうなっているのでしょう。

40代男イメージ

40代以上で包茎手術を受ける割合は年々増えている!

最近は高齢化社会の影響もあって、包茎に悩みを抱えるのは若い男性ばかりではなくなりました。平均寿命が延びたことで、いつまでも現役バリバリで働く人が増え、それは性生活にも直接影響しています。中高年男性の40代以上の人でも包茎患者の割合は高く、包茎手術は若い世代の年齢の人が受けるものとは限定できないのです。これまでは確かに、40代以上となると精力の衰えも感じられるようになるので、自身が包茎であっても手術をする決意をする人は少ない状況にありました。

しかし今の時代、40代以上と言っても元気な人が多く、見た目も若く、精力旺盛な人が多いです。そうした中、40代や50代でも包茎手術を受ける人は沢山いて、その割合は年々増えている状況みたいですよ。まだまだ若い人には負けていられないという気持ちで、包茎手術を受けて新たに性生活を充実させようとする中高年男性は実は沢山いるのです。簡単に言えば、包茎手術は年齢には関係ないと言えるでしょう。

40代以上で包茎手術をするのは、威厳の問題も関係している!

これまでは、40代以上になると多くの人が包茎である事に諦めの感情を抱いていましたが、最近は年配層の包茎治療患者が増加傾向にあります。その1つの要因は、まだまだ現役という気持ちもありますが、威厳の問題も関係しているようです。若い世代で包茎手術を受ける場合、女性や銭湯といった人前で見られるのが恥ずかしいという理由が多いのですが、40代以上になるともっと将来的なことが頭をよぎります。

たとえば、孫とお風呂に入る時や介護の際、また入院した時の恥ずかしさを考慮して、包茎手術に臨む人が少なくありません。こうした理由で包茎手術を受ける人が多いのですが、最近は技術力も進歩しているので、高齢者でも安心して手術が受けられる体制があります。今では様々な新しい包茎手術の方法が提案され、従来よりも綺麗な仕上がりが期待できるので、そのことが40代以上の包茎患者の割合を高めているのも事実です。先進技術による治療法や手術が、包茎手術を受けてみたいという思いを後押ししているのです。

信頼できる専門クリニックで相談!

包茎手術は若い人が受けるものという考え方は古く、今や40代以上の包茎患者の割合が増加しています。老後のことを考えて孫や介護を考慮して恥ずかしさを避けるために手術に臨む人が多いのですが、技術の進化や信頼できる専門クリニックが増えたことによって患者増加に大きく貢献しているようです。

尚、信頼できる専門クリニックについては、下記の関連記事で掲載されている専門クリニックで相談が可能です。