男性の悩みの1つ包茎。ここでは基礎知識として年間の包茎手術の件数についてレポートします。

基礎知識<年間の包茎手術の件数>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に包茎に関する悩みが多いとされています。包茎は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな包茎に対する基礎知識として「年間の包茎手術の件数」についてレポートします。

基礎知識「年間の包茎手術の件数」について

最近は若い人だけにとどまらず、市場の拡大や技術力の向上などで高齢者でも包茎手術を受ける人が増えているようです。そうした中、気になるのが実際にどのくらい包茎手術が行われているかですが、年間の包茎手術の件数はどのくらいなのでしょう。

年間件数グラフ

年間の包茎手術の件数は、保険適用手術2千件の約50倍以上と推測!

男性の性の悩みと言えば包茎というくらい、実際に悩んでいる人の割合は多いので、年間に行われている包茎手術の数はどのくらいあるのか興味深いところです。最近は全国各地に包茎専門クリニックが新たに登場していて、そうした事実は包茎治療に対する需要の高さを示していると言えます。自分が包茎手術を受ける場合、年間の包茎手術の件数というのは1つの参考データになり、どのくらいの数かわかれば安心材料にもなりますよね。

ただ残念ながら、包茎手術を受ける人の多くは病院の泌尿器科ではなく、包茎専門クリニックで受けているので、正確な年間の包茎手術の件数は明らかにされていません。しかしながら、かなりの数に登っているのは確かで、病院での保険適応手術と比較すると50倍以上の数をこなしているのではと推測されます。病院の泌尿器科で行われている保険適用手術件数は年間でも2千件程度ですが、専門クリニックの場合、トータルすると10万件くらいはこなしているのです。

包茎手術の件数が年間20万件を超える日も近い!

真性包茎やカントン包茎の場合、病院に行くと保険適用可能なので安く受けることができます。しかし重度の包茎の人は少なく、泌尿器科の場合、仕上がりが期待できる手術ではないので術後のトラブルが多く、需要は低いです。その点、専門クリニックは技術力が高く、傷跡も少なく美しい仕上がりが期待できることから患者数も多く、大手クリニックの場合、年間で1万件を超える手術を実施しています。こうした実態を踏まえて、大手以外に小規模クリニックも加えると、包茎手術の年間件数は10万件を有に超えていると推測できるのです。

このように包茎手術を受ける人の数は非常に多く、最近は高齢者で受診する人も増えているので、今後は益々増える可能性があります。また、包茎の人は早漏も一緒に治したいという考えの人が多く、包茎手術を受ける人は後を絶ちません。各クリニックの技術力やサービスはどんどん充実してきているので、今後、年間の包茎手術の件数が20万件を超える日も近いかもしれませんよ。

信頼できる専門クリニックで相談!

近年、若い人だけでなく高齢の人も包茎治療を受ける人が増えたので、年間の包茎手術の件数が気になりますが、トータルで大体10万件くらいのようです。今後、サービスや技術力の進化や信頼できる専門クリニックが増えることを考えると、包茎手術の件数は右肩上がりが予想されます。

尚、信頼できる専門クリニックについては、下記の関連記事で掲載されている専門クリニックで相談が可能です。