男性の悩みの1つ包茎。ここでは基礎知識として包茎手術後にやることについてレポートします。

基礎知識<包茎手術後にやること>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に包茎に関する悩みが多いとされています。包茎は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな包茎に対する基礎知識として「包茎手術後にやること」についてレポートします。

基礎知識「包茎手術後にやること」について

無事に包茎手術が完了すると、見た目もスッキリし男としての自信もつくので、いうことはないでしょう。ただ、気をつけないといけないのは、包茎手術後の過ごし方で、ある程度の制約があるので注意しないといけません。

喜びイメージ

包茎手術後は経過観察が必要!

男性の大事な部分に処置を施す包茎手術は、技術が進歩したとは言え、それなりにダメージを受けています。そのため、包茎手術後は経過観察が必要で、少しずつ様子を見ながら行動していく必要があります。手術当日については、包帯はそのままで消毒も必要ないのですが、体はかなり疲れているのでしっかり休養することが大事です。血圧が上がらないよう激しい動きは控えるようにし、安静を保つようにして、しばらく運動はしないようにしましょう。

風呂なども避けることが大事で、少なくとも手術後2日間はタオルで体を拭くだけで済まし、シャワーは3日目以降から浴びるようにします。湯船につかっての入浴は包茎手術をした後、抜糸が終わって2週間くらいしてからが理想的なので、それまでは我慢することです。オナニーやセックスについては、できれば包茎手術後1ヶ月間はしない方がいいので、禁欲生活は辛いですが、しばらくはしないようにしましょう。

包茎手術後の行動が最も大切!

包茎手術を受けると男性のコンプレックスを解消することができ、衛生的にもよくなるので良いことずくめなのですが、手術を受けた代償というのは少なからずあります。麻酔が切れた後は痛みもあり、場合によっては出血することもあるので、治療後は色々と気をつけないといけません。包茎手術は術後すぐと言うよりは、手術を受けた後の方が気をつけることが多いので、担当医からの注意や指示はよく聞いておくことが大事です。

手術当日は痛みが強く、傷口が不安定な状態なので安静にし、軽い運動やシャワーなども控えて体を動かさないようにします。食事の管理も大事で、特にお酒は血圧を高めて血流を良くする作用があるので、2週間くらいは控える必要があります。また、手術した後は消毒などの処置を自身でやる必要が出てくるので、消毒をするタイミングや頻度などはしっかり医師の指定した指示を守るようにしましょう。

包茎手術後、1ヶ月くらいは我慢の生活!

包茎手術後は安心感からどうしても気が緩みがちですが、規則正しい生活をしないといけません。手術した後は傷口が不安定な状態なので、医師の指示に従って、消毒などの処置を適宜行うようにします。そしてしばらくは運動やお酒、入浴は控えるようにし、セックスやオナニーは術後、1ヶ月くらいは我慢するようにしましょう。

尚、もし包茎手術が失敗し修正したいとお考えの場合、下記の関連記事で掲載されている専門クリニックで相談が可能です。