男性の悩みの1つ包茎。ここでは基礎知識として包茎手術の種類についてレポートします。

基礎知識<包茎手術の種類>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に包茎に関する悩みが多いとされています。包茎は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな包茎に対する基礎知識として「包茎手術の種類」についてレポートします。

基礎知識「包茎手術の種類」について

長らく包茎に悩んでいると、最終的には包茎手術に挑んで解決するという策を取るケースが少なくありませんが、包茎手術には色々な種類があるようですね。包茎手術を受ける前には、どのような手術の種類があるかくらいかは知っておいた方がいいでしょう。

手術イメージ

包茎手術の種類は大きく分けて2種類!

基本的に包茎手術を受ける場合、選択肢として、大きく分けて2種類あることを認識しておくと良いです。それは切るか切らないかで、包茎手術には切る手術と切らない手術があります。包茎手術にはカットする方法とノーカットの方法の2種類があるわけですが、カットする方法はメスを使って余分な包皮を切り、その後、傷口を縫合します。この方法は昔からある方法ですが、切るので完治するまでに時間を要し、術後、普通の性生活に戻るまでにある程度の制約期間が必要です。

もっとも最近は技術の進化により、日帰りが可能で抜糸の必要がないカット法もあり、この場合、通院しなくても大丈夫です。切らないノーカットの手術法は、メスを使わずに糸や道具などで皮の形を矯正したり薬剤で処置するのですが、基本的に仮性包茎など軽度の包茎手術に限定されます。適用できる包茎のタイプが限られていて、真性包茎やカントン包茎の場合は手術の対象にはなりません。

新しい技術では、傷跡がきれいに隠れる包茎手術がある!

包茎手術で代表的なものと言えば環状切開術があり、この方法はペニスを伸ばしながら包皮を切除していき、包皮小帯を残して施術するので性感低下を招きません。ただ、手術痕が比較的目立つ方法なので、綺麗な仕上がりを期待する人には向いてないです。包皮の先を切除するのではなく、根元の包皮を切除して縫合する根部環状切除術という手術法もあります。包茎の人は短小の人が比較的多いのですが、そうした人にオススメなのが埋没陰茎矯正術で、体の中に埋まったペニスを引っ張り上げる画期的な手術です。

ペニスの根元を切開して陰茎を引き上げて糸で固定するので、ペニス自体を長くすることができ、傷跡もほとんど目立ちません。変わったところでは、余った包皮を専用接着剤で固定する根元部固定法という包茎治療もあり、包皮を切らずに処置するノーカット法になります。また、最近の新しい技術で傷跡がきれいに隠れる複合曲線作図法という手術を駆使すれば、とても自然な仕上がりが実現可能です。

専門クリニックが実際に行っている包茎手術の種類

近年、様々な包茎手術の種類が誕生しています。ここでは専門クリニックが行っている包茎手術の治療方法についてレポートします。

包茎手術の種類「皐月式マイクロVカット法」について

ハイレベルな包茎手術の方法に皐月式マイクロVカット法があり、この方法はマイクロ法にさらにVカット手法を融合させたものです。いわゆる裏筋を残した施術法になるので、仕上がりの完成度は抜群と言われています。

皐月式マイクロVカット法

皐月式マイクロVカット法の特徴!

皐月式マイクロVカット法は、非常に優れた包茎手術で、仕上がりの良さでは定評があります。近くで見ても傷跡がわかりにくいので満足度は非常に高く、他人から手術したことがバレにくい方法なのでオススメできる包茎手術です。また、裏筋を残すタイプの手術方法なので見た目の良さも去ることながら、セックスの時の感度が鈍ることがありません。

包茎手術をすると性感覚の鈍りがよく指摘されるのですが、皐月式マイクロVカット法ならその心配がないのです。マイクロ法をベースとして、さらに裏筋の性感帯を残す技術が加味された皐月式マイクロVカット法は、感度が鈍らないので人気があります。最も敏感な部分の裏筋を残した施術法になるので術後、感度が低下することなく、これまで通りの性感が得られるので試してみる価値はあるでしょう。包茎手術には色々な方法がありますが、仕上がりの見た目と感度の低下が気になるなら、皐月式マイクロVカット法がイチオシです。

続きは、「皐月式マイクロVカット法(裏筋を残した包茎手術)」をご覧ください。

包茎手術の種類「皐月式マイクロ法」について

包茎と一口に言ってもその症状は人それぞれで、軽度の人もいれば重い症状の人もいるでしょう。手術の方法も色々あるわけですが、そんな中、オススメの方法に仕上がりの美しい皐月式マイクロ法があります。

皐月クリニックロゴ

皐月式マイクロ法の特徴!

皐月式マイクロ法は包茎を綺麗に治すことができる手術として知られていて、ともすれば形が悪くなってしまいがちな包茎手術が多い中、美しい仕上がりが実現可能です。ミクロやマイクロ単位による作業をコンピューターに任せるのではなく、熟練医師が手作業で行うことで最適なカットを施します。要するに、個人に合わせたカット方法を遂行していくわけで、医師が患者それぞれに合わせながら適切なカット法を提案するのです。

熟練の医師が納得のいくクオリティで執刀してくれるので満足度は非常に高く、最高の状態でカスタマイズしてくれるので安心感があります。これまでは包茎手術の際、テンプレート的な切り方をすることが多かったのですが、そうした方法ではどうしても仕上り面で満足できません。その点、皐月式マイクロ法は最適なカットを医師の技術力によってカバーしているので、これまでの包茎手術とは違い、弱点だったポイントをしっかりと克服しています。

続きは、「皐月式マイクロ法(個人に合わせた包茎手術)」をご覧ください。

包茎手術の種類「ABC式包茎手術」について

包茎手術を受ける際、できれば安く施術を済ませたいというのが本音でしょう。そんな人にオススメの最新の治療方法にABC式包茎手術があります。具体的にどのような包茎治療法になるのか気になるところですよね。

ABCクリニックロゴ

ABC式包茎手術の特徴!

ABC式包茎手術には、2種類用意されていて、1つはABC式CSカットというもので、これはクランプを駆使しながら包皮を直接カットしていきます。クランプ器具を用いながらストレートにカットしていくことから、この名称がつけられたわけですが、非常にリーズナブル価格で安く手術を受けられるのが魅力です。機器を使用しながら手術するので短時間で手術を終えることができ、しかも低価格なのでとても人気があります。ただ、低価格で安いのですが手術跡が残りやすく、場合によってはツートンカラーになるリスクがあるので、見た目重視の人にはあまりおすすめできません。

もう一つはABC式Sカットで、CSカットと違い、手作業でカットしていきます。手作業で丁寧にカットするので回復が早く、綺麗な仕上がりが期待できるので、術後のクォリティを求める人におすすめできる方法です。CSカットと比べるとSカットは倍の金額が必要になりますが、レーザーメスを使わないので傷跡が残りにくく、利用するメリットは大きいと言えるでしょう。

続きは、「ABC式包茎手術(低価格の包茎手術)」をご覧ください。

包茎手術の種類「ハイパーVカット法」について

包茎手術の治療法にハイパーVカット法というものがあり、手術跡が目立たない綺麗な仕上がりの手術として話題になっています。
クリニックによって治療方法は異なりますが、特殊な名前のハイパーVカット法とは、どんな治療方法なのでしょう。

東京スカイクリニックロゴ

ハイパーVカット法の特徴!

ハイパーVカット法とは、端的に言えば、V字のカットを施すことで通常のカットよりもさらに美しい仕上がりになる方法です。裏筋を残す治療法になるのですが、従来のハイパーカットとは異なり、V字のカットにより、格段にキレイな仕上がりが可能になりました。治療後の感度と見栄えの良さに貢献する方法なので、両方が気になる人にとって非常に利用価値の高い方法と言えます。

ハイパーカットと言うのは亀頭直下埋没法なので、傷跡が目立たない方法として定評があり、実際、自然な仕上がりが期待できます。裏筋の辺りを残してメスを入れるので、性感帯に与える影響が少ない方法なのですが、ハイパーVカット法の場合、V字のカットによりさらに見た目の良さを高めることが可能です。術後の仕上がりがとても自然なので、最高の仕上がりを期待するなら、検討の余地はあるでしょう。ただ、ハイパーVカット法は亀頭直下埋没法による手術ということで、手術費用が高額になるので注意が必要です。

続きは、「ハイパーVカット法(手術跡が目立たない包茎手術)」をご覧ください。

包茎手術の種類「亀頭直下ダブルVカット」について

包茎手術には色々な方法がありますが、新しい治療法に亀頭直下ダブルVカットというものがあります。痛みがなく傷跡も残らず性感にも支障をきたさない素晴らしい方法で、単なる亀頭直下方式ではなく、性感が低下しないのが魅力と言われています。

亀頭直下ダブルVカット

※コムロ美容外科「包茎手術」

亀頭直下ダブルVカットの特徴!

亀頭直下ダブルVカットは、非常に優れたバランスの良い包茎手術で、従来のように亀頭の裏側をカットするものの裏筋を残すことで性感が低下することがありません。これまでの方法とは違い、性感を損なわないVカット技法を施すことで、手術のクオリティは格段に高まっています。仕上がり面も美しく、これは亀頭直下に最低限の切り傷しか入れないからで、Vカットに2重にメスを入れることで見た目の良さを実現します。

陰茎の包皮をカットするのではなく、亀頭の真下を切開して縫合するので自然な仕上がりが期待でき、傷跡が目立ちにくく、性感帯を温存したまま切除が可能なのです。技術を要する手法なので料金は高く、手術時間も比較的長くかかりますが、手術跡が目立ちにくいので仕上がりが気になる人にとってはオススメできる方法と言えるでしょう。但し、新しい手法なので施術する医師の技術レベルが求められ、結果、今のところ亀頭直下ダブルVカットができる医師は限られているようです。

続きは、「亀頭直下ダブルVカット(傷跡が残らない包茎手術)」をご覧ください。

信頼できる専門クリニックで相談!

包茎手術の種類には、色々な方法が用意されていて、環状切開術、根部環状切除術、埋没陰茎矯正術、根元部固定法など多彩で、他にも色々な種類があります。大きく分けると、切る手術と切らない手術にわかれますが、切らない手術は仮性包茎に限定されることが多いです。自分がどの種類の包茎手術に向いているかは専門クリニックで相談されることをおすすめします。

尚、信頼できる専門クリニックについては、下記の関連記事で掲載されている専門クリニックで相談が可能です。