男性の悩みの1つ包茎。ここでは基礎知識として包茎手術の痛みについてレポートします。

基礎知識<包茎手術の気になる痛みは>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に包茎に関する悩みが多いとされています。包茎は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな包茎に対する基礎知識として「包茎手術の痛み」についてレポートします。

基礎知識「包茎手術の気になる痛み」について

包茎手術を実際に受けるとなると、大事な部分にメスを入れることになるので、痛みが気になりますよね。痛みに関しては術後の見た目と同じくらい不安になりますが、包茎手術を受けたことで起こる痛みはどのくらいなのでしょう。

男性器痛みイメージ

包茎手術での痛みは、ほとんどない!

実際のところ、包茎手術そのものの痛みに関しては、ほとんどないと言っても過言ではなく、しっかり麻酔を施すので手術中の痛みはほぼないと言ってもいいでしょう。包茎手術をすることになると、男性のデリケートなシンボルに手を施すことになるので、かなり痛いのではないかと想像してしまいます。しかし包茎手術は居所麻酔で手術するので、痛みがあるとすれば麻酔注射をする際のチクッとした痛みだけで、それ以外の痛みは全くと言っていいほどないようです。

手術中、なにかが触れている感覚はあるものの、それは痛みではないので安心していいでしょう。最近は麻酔技術も発達していて、麻酔が効いているかどうかをきちんと確認してくれ、痛みに弱い人のために何段階にも麻酔を分けて処置してくれるクリニックもあります。包茎手術が痛いという想いは、一度手術を受けると嘘のように解消されると思いますよ。ただ、手術中の痛みはないのですが、術後、じわじわと痛みが襲ってきます。

包茎手術後、痛み止めを飲めばさほど気にならない!

多くの人は、包茎手術を受けた際、まったく痛くなかったと証言しているので、痛みについては安心していいかもしれません。しかし手術した後の痛みは別物で、術後、3時間から5時間くらいすると麻酔が切れて痛みが出てきます。手術は皮を切るので痛みが完全にゼロというわけではなく、手術を受けた当日、麻酔が切れると少しずつ痛みが出てくるので注意が必要です。ただ、我慢できないような強烈な痛みではなく、鈍い感じのズキズキとした痛みでペニスの先に違和感があるような感じのようです。

術後は痛み止めの薬も処方してくれるので、それさえ飲んでおけば深刻な痛みに悩まされることはありません。麻酔が切れた後、傷口が痛むようであれば薬を飲むと良く、翌日以降は薬を飲むほどの痛みが出ないのが普通です。もっとも個人差はあり、人によっては術後、2週間くらい痛みが続くこともあるので、痛みについてはある程度は覚悟しておいた方がいいでしょう。

包茎手術は、腕の良い専門クリニックで!

包茎手術の痛みは気になりますが、手術に際しては麻酔をきちんと施すので、ほとんど痛みはないと思っておいても大丈夫です。しかし術後、麻酔が切れた後は痛みがあるので、ある程度の覚悟は必要です。痛み止めの薬を処方してくれるので、それほど心配はないのですが、痛みについては個人差があるので注意しましょう。やはり一生に一度の手術になると思いますので、腕の良い専門クリニックで手術をされるのが賢明だと思います。

尚、腕の良い専門クリニックについては、下記の関連記事で掲載されている専門クリニックで相談が可能です。