男性の悩みの1つ包茎。ここでは基礎知識として包茎手術の歴史についてレポートします。

基礎知識<包茎手術の歴史>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に包茎に関する悩みが多いとされています。包茎は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな包茎に対する基礎知識として「包茎手術の歴史」についてレポートします。

基礎知識「包茎手術の歴史」について

包茎手術というと、余った皮を切除することで亀頭を露出させる方法になりますが、なぜこうした手術が行われるようになったのか不思議な気がしないでもありません。そこで包茎手術の歴史を紐解いてみました。

歴史エジプト壁画

包茎手術の歴史はエジプト神話に既に登場!

包茎手術というと、何となく最近やり始めたのではという印象を持つ人も少なくないかもしれませんが、実は歴史は意外と古いです。エジプト神話に既に登場していて、男性のミイラは割礼されていたという事実があります。また、世界各国で儀式として行われていた経緯もあり、清浄さを求めるために包茎手術は昔から執り行われていたのです。このように包茎手術の歴史はかなり古く、紀元前にまで遡るのですが、包茎手術の発祥は明確でないというのが本当のところです。

儀式としての包茎手術はやがて近代医学へと継承され、かつては自慰行為が記憶力低下や心臓病などにつながるとして、防止目的で包茎手術が行われていた時期もありました。これらは明らかに迷信であり、今では包茎は不衛生で性病などにかかりやすいリスクがあることから包茎手術は行われていて、実際それは医学的にも立証されています。ただ、包茎手術に関する価値観は各国で異なり、今でも伝統的に割礼を行っている国があります。

包茎手術の起源を辿ると割礼に行きつく!

包茎手術の起源を辿るとすると、割礼に行きつき、これは幼少期に包皮の先端を切除する行為です。子供のうちからズル剥け状態にするというもので、今でも宗教的な理由でそうするところが少なくありません。アメリカは割礼主義を今も積極的に導入していますが、日本ではそうした習慣はなく、衛生面や病気のリスクを懸念して包茎手術を実施しています。病気のリスクが高い真性包茎やカントン包茎においては保険適用が可能で、これは衛生的にどうしようもない状況を改善するためです。

ただ日本の包茎手術の歴史を鑑みると、仮性包茎が多いので見た目的に恥ずかしいから手術を受けるという人が多く、機能的障害を揶揄して受ける人は少ないようです。しかしながら日本の包茎手術の進化は飛躍の一途を遂げていて、痛みを緩和させる無痛麻酔や日帰り手術も可能となったので、どんな包茎でも手術を受ける人が増えています。包茎専門クリニックも全国に多数登場したことから、今後は益々包茎治療人口が増えることでしょう。

信頼できる専門クリニックで相談!

包茎手術の歴史は意外と古く、紀元前にまで遡り、エジプトのミイラは既に割礼していたようです。日本はアメリカのように割礼の習慣はありませんが、治療技術の進化により信頼できる専門クリニックが増え、気軽に包茎手術が受けられる時代になりました。

尚、信頼できる専門クリニックについては、下記の関連記事で掲載されている専門クリニックで相談が可能です。