男性の悩みの1つ包茎。ここでは基礎知識として包茎手術に保険は使えるかについてレポートします。

基礎知識<包茎手術に保険は使えるか>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に包茎に関する悩みが多いとされています。包茎は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな包茎に対する基礎知識として「包茎手術に保険は使えるか」についてレポートします。

基礎知識「包茎手術に保険は使えるか」について

包茎手術をするに際してはできるだけ安く受けたいところですが、そうなると保険が使えるのかどうかが気になりますよね。保険が適用されればいいのですが、その辺のところはどうなっているのでしょう。

健康保険イメージ

※参考:Wikipedia「健康保険」

病院での包茎手術は保険が適用される!

実は包茎手術については、病院で治療を受けると保険が適用されるようになっています。そのため、包茎手術の費用を安く抑えたいのであれば、病院の泌尿器科で手術を受けるとよく、かなり費用を安く抑えることができますよ。ただ、注意を要するのは包茎の種類が限られていることで、保険適用の包茎は真性包茎とカントン包茎のみとなります。保険が適用される包茎手術は国が病気として認めた包茎に限定されていて、真性包茎の場合、恥垢が溜まりやすく性病にかかるリスクがあるからです。

また、カントン包茎の場合も同様の理由で、亀頭の根元を締め付けたり、性病にかかるリスクが高くなるので保険が適用されることになっています。これらのことからわかるように、病気と認められない仮性包茎については保険適用外です。日本人男性でもっとも多い仮性包茎に保険が適用されないのは残念ですが、勃起時に皮が剥ける仮性包茎は基本的に保険適用で治療を受けることはできないのです。

保険が適用されるのは、真性、カントン包茎のみ!

保険が適用される包茎手術は、国が病気と認めている真性、カントン包茎の2つで仮性包茎は適用外になりますが、中には仮性包茎でも安く手術をしてくれる病院があります。しかし包茎手術は安ければ良いというものではなく、泌尿器科で手術するとあくまで病気治療目的なので術後の見栄えがよくありません。病院では包茎の見栄えを良くする器具や技術がないので、専門クリニックと比較すると、出来栄えの点で劣ることが多いのです。

従って実際は、保険が使うことができ、安く手術が可能だとしても泌尿器科で手術を受ける人は少なく、多くの人は美容外科で手術を受けます。美容専門クリニックは保険が利かないので費用的には高くなりますが、術後の仕上がり重視で治療してくれるので納得がいきます。また、病院の場合、女性看護師がいるので手術を受けるのに抵抗がありますが、包茎専門クリニックなら全て男性スタッフが対応してくれるので安心です。

信頼できる専門クリニックで相談!

包茎手術には保険適用があるものの、真性包茎とカントン包茎限定で仮性包茎には適用されません。病院の泌尿器科に行けば安く手術を受けられますが、仕上がり具合は重視していないので、満足の行く結果を求めるなら高くても包茎専門の信頼できるクリニックでの手術がオススメです。

尚、信頼できる専門クリニックについては、下記の関連記事で掲載されている専門クリニックで相談が可能です。