男性の悩みの1つ包茎。ここでは基礎知識として包茎手術と包茎治療の違いについてレポートします。

基礎知識<包茎手術と包茎治療の違い>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に包茎に関する悩みが多いとされています。包茎は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな包茎に対する基礎知識として「包茎手術と包茎治療の違い」についてレポートします。

基礎知識「包茎手術と包茎治療の違い」について

包茎を改善する場合、何等かの治療をする必要があるわけですが、包茎手術と包茎治療では何がどう違うのでしょう。一般的には包茎手術はメスを施すもので、包茎治療の場合、メスを入れるのではなく器具などを使って改善していくというのがおおよその見解のようですね。

包茎手術器具

※参考:上野クリニック「包茎手術」

包茎手術は包茎治療の1つであるという考え!

包茎手術と包茎治療には明確な違いはなく、包茎手術は包茎治療に包括されるものの1つであると考えるべきです。ペニスの亀頭に常時皮が覆っている真性包茎の場合、解消するには手術が必ず必要で、セックスや日常生活などに支障きたすので包茎手術するしかありません。仮性包茎の場合は必ず手術の必要はないのですが、見た目の恥ずかしさもあるので思い切って手術する人も少なくないです。

夫婦生活に特に支障をきたすことはないのですが、仮性包茎をきちんと治療しておけば、パートナーも安心できるでしょう。仮性包茎は病気ではないので、すぐに治療が必要なわけではなく、放っておいても改善する可能性があります。しかし包茎手術を受けると衛生面を改善でき、清潔になることができるのでメリットは非常に大きいです。単なる包茎治療というよりは、余った包皮を切除して根本的に包茎を治すことができるので、包茎手術を受ける意義は高いと言えるでしょう。

包茎手術か治療かは、専門クリニックで相談するのが賢明!

包茎治療は、手術も含めて全般的な治療を指すものですが、包茎手術と敢えて差別化するなら包茎矯正器具を用いたものが包茎治療と言えるかもしれません。たとえば、リングタイプの包茎矯正器具は有名で、余っている包皮をペニスの根元に集めて装着することにより、亀頭が露出した状態をキープすることで改善を図ります。下着タイプを用いた包茎治療もあり、下着と矯正器具が一体になっているので治療にわずらわしさがなく、手間をかけることなく改善可能です。

もっとも合理的なのが接着剤タイプで、包皮をペニスの根元に集めて接着剤で接着します。特別な器具を使用することなく、接着剤で亀頭を露出させるので手っ取り早いです。ただ、これらの包茎治療は永続性がなく、効果の面で包茎手術と比べると劣り、安全面にも不安があって包皮を傷つける可能性もあります。矯正器具は費用が安くて自宅で治療ができてよいのですが、効果の確実性と安全性などを考慮すると、きちんと専門クリニックで包茎手術を受けるのが賢明でしょう。

信頼できる専門クリニックで相談!

包茎手術と包茎治療のはっきりとした違いはなく、包茎手術は包茎治療に含まれるものですが、治療には器具を用いる方法があります。包茎矯正器具を用いた包茎治療は安価で試しやすくてよいのですが、トラブルなども懸念されるので、着実な効果を得るなら包茎手術がオススメですので、専門クリニックで相談してみてはいかがでしょうか。

尚、信頼できる専門クリニックについては、下記の関連記事で掲載されている専門クリニックで相談が可能です。