男性の悩みの1つ包茎。ここでは基礎知識として包茎は遺伝なのかについてレポートします。

基礎知識<包茎と遺伝の関係>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に包茎に関する悩みが多いとされています。包茎は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな包茎に対する基礎知識として「包茎は遺伝なのか」についてレポートします。

基礎知識「包茎は遺伝なのか」について

男性にとって包茎の悩みは深いものがありますが、考えてみると成人になって皮がきちんと剥けて包茎から自然とサヨナラする人もいます。そうなると、包茎になるのは遺伝も考えられるように思いますが、その辺のところはどうなのでしょう。

親子イメージ

包茎と遺伝については医学的なデータはない!

包茎で悩む男性の中には、自分の父親が包茎だから自分も包茎だと諦めている人が意外と少なくありません。しかし、包茎と遺伝については医学的に証明されたデータはなく、遺伝で包茎になるとは言えないのです。父親が包茎だと子供も包茎というケースが多いのは事実ですが、それはペニスのサイズが関係しているのであって、サイズが遺伝しているだけです。ペニスのサイズが遺伝しているわけで、サイズが小さいと皮が余りやすくなり、結果、包茎を引き起こしやすくなります。

遺伝については、包茎と因果関係があるのは確かですが、このように包茎それ自体ではなく、間接的な影響で包茎になる確率が高まるのです。父親のペニスの長さは子供に遺伝しやすく、父親が短小だと結果的に包茎が遺伝したと勘違いしやすくなります。日本人は平均的に欧米人よりもペニスサイズが小さいので、確率的に包茎になりやすい人種だということが言えるでしょう。

小さい頃から皮を剥く習慣を!

包茎と遺伝の関係については、ペニスサイズが遺伝するので無視できないものがありますが、包茎は必ずしもペニスが小さいだけでなるものではありません。短小の人でも包茎にならない人もいて、小さくてもズル剥けの人はいるので、直接的には遺伝とは関係ないというのが正しいでしょう。遺伝で包茎になるのではなく、むしろ生活環境が大きく関わっていて、たとえば早い時期から皮を剥く習慣をつけている人は包茎になりにくいと言います。

親が子供に皮を剥く習慣を早く身につけさせていると包茎になりにくいのは事実で、皮を剥いて亀頭を露出させることは、ペニスの鍛錬にもつながります。要するに、いかに小さい子供の頃から包皮を剥く訓練をして習慣をつけるかが大事で、皮をむける段階までにしておけば、包茎にならない可能性が高いのです。仮性包茎ならまだしも、真性包茎やカントン包茎の場合、清潔に保つことができなくなるので、親は小さい頃から子供に皮を剥く習慣を身につけさせるようにしましょう。

信頼できる専門クリニックで相談!

父親が包茎だと子供も包茎になることが多いので、遺伝だと考えがちですが、実際はペニスサイズが遺伝することによる間接的な作用によるものです。また、サイズそのものは関係なく、子供の頃から皮を剥く習慣をつけることで包茎を解消できる可能性は高いので、親は子供にそうした習慣を身につけさせることが大事ですよ。子供の頃から皮を剥く習慣がなく大人になっても包茎の状態の場合は専門クリニックに相談されることをおすすめします。

尚、信頼できる専門クリニックについては、下記の関連記事で掲載されている専門クリニックで相談が可能です。