男性の悩みの1つ包茎。ここでは基礎知識として包茎の種類についてレポートします。

基礎知識<包茎の種類について>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に包茎に関する悩みが多いとされています。包茎は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな包茎に対する基礎知識として「包茎手術の種類」についてレポートします。

基礎知識「包茎の種類」について

包茎の人は悩みが深く、亀頭部分に皮が被っている状態だと、見た目の印象が非常に悪いですよね。ただ、包茎と一口に言っても種類があるようで、常に皮を被った状態なのか、勃起時には皮を剥くことができるかなど、その症状によって色々あるみたいです。

包茎の種類

※参考:エーツー美容外科「包茎とは」

包茎の3つの種類「仮性包茎」「カントン包茎」「真性包茎」!

一般的に、亀頭が包皮で覆われていると包茎になるわけですが、子供の内はこの状態が正常なので特に心配する必要はありません。包皮が剥けてくるのは思春期に入ってからで、体の成長と共に、亀頭が自然に露出してくるようになります。基本的には、通常時に亀頭が包皮に覆われている状態が包茎と判断されますが、勃起時に皮が剥けるのであれば大きな支障はなく、この状態を仮性包茎と呼んでいます。要するに、包茎は包皮の剥け具合で種類分けがされていて、平常時は亀頭が包皮に覆われているのですが、勃起時には亀頭を露出できるのが仮性包茎です。

そして、包皮輪が狭いことで亀頭を露出しようとすると痛みを伴い、亀頭下に締めつけが起こって上手く亀頭を露出できない状態がカントン包茎です。平常時も勃起時も常に包皮を剥くことができない状態は真性包茎と診断され、包茎の中では最も重症のタイプになります。仮性包茎の場合、手術をしなくても改善方法はありますが、カントン包茎や真性包茎の場合は手術が必至です。

カントン包茎や真性包茎は手術が必要!

包茎の種類の中でも最も多いのが仮性包茎で、手で剥くと亀頭を露出させることができるので軽傷の部類に入ります。仮性包茎の場合、日頃から衛生面に気をつけていれば、特に手術は要しないのですが、勃起しても完全に皮が剥けない人は注意が必要で、炎症を引き起こす可能性があります。性病や包皮炎などを併発しやすく、包皮の影響で亀頭の成長を阻害する恐れもあるので、最近は仮性包茎でも手術を推奨する声が大きいです。

カントン包茎は、無理をして剥けば少しは亀頭の露出は可能なのですが、無理やり剥くと元に戻すことができなくなり、結果、腫れてしまうこともあるので注意が必要です。また、性行為の際、包皮部分が裂ける恐れもあり、包皮に傷が付きやすいことから包皮炎の温床にもなるので早めの手術がオススメです。真性包茎は、常時皮を剥くことができないので衛生的にも悪く、亀頭の成長を阻害して先細りのペニスになるリスクがあるので、包茎手術は急務です。

信頼できる専門クリニックで相談!

包茎の種類には、仮性包茎、カントン包茎、真性包茎があり、皮の剥け具合によってそれぞれ判定されます。仮性包茎の場合、必ずしも手術は求められませんが、衛生面や炎症、見た目などを考慮すると、カントン包茎や真性包茎と同様、信頼できる専門クリニックに相談された方が賢明でしょう。

尚、信頼できる専門クリニックについては、下記の関連記事で掲載されている専門クリニックで相談が可能です。