男性の悩みの1つ包茎。ここでは基礎知識として包茎のリスクについてレポートします。

基礎知識<包茎のリスクは>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に包茎に関する悩みが多いとされています。包茎は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな包茎に対する基礎知識として「包茎のリスク」についてレポートします。

基礎知識「包茎のリスク」について

包茎は男性にとって大きな悩みで、見た目が良くないので精神的なコンプレックスになり、やがてそれは男としての自信喪失にもつながりかねません。また、見た目だけでなく衛生面でのリスクがあり、包茎は恥垢が溜まりやすいので不衛生です。

包茎手術リスクイメージ

日本人の7割は仮性包茎!

男性で包茎の人は多く、日本人の7割は仮性包茎と言われているのですが、だからと言って安心してはいられません。仮性包茎の場合、特に日常生活に支障はないので、慌てて手術をする必要はないのですが、包茎が抱えるリスクというのはしっかり認識しておく必要があります。お風呂に入った時に恥垢を洗い流すことができる仮性包茎は、衛生面では特にリスクがないように思いがちです。

しかし長い目で見るとそうとは言えず、普段は亀頭に皮が被っている状態なので、どうしても恥垢が溜まりやすく、菌を繁殖させる温床になって悪臭の原因にもなります。不衛生になるというのが包茎の最大のリスクと言ってよく、仮性包茎でもそうなので、真性包茎やカントン包茎になると、衛生面でのリスクは計り知れません。溜まった恥垢を洗うことができない真性包茎やカントン包茎の場合、陰茎癌になるリスクもあるので、できるだけ早めに手術を受けるようにしましょう。

包茎の人は性病になるリスクが高い!

包茎が抱えるリスクと言えば、性病や感染症もそうで、いつも亀頭が包皮に包まれていると菌を繁殖しやすい状態になります。そうした状態は不衛生極まりない状態で、そのまま放置すると重篤な感染症を引き起こしかねない事態になりかねません。亀頭が包皮に覆われていると、どうしても免疫力の低下を招きやすく、亀頭が露出している場合と比較すると、弱くて傷つきやすい傾向にあるのです。そうなると心配なのが性病で、包茎の人はそうでない人よりも淋病やクラミジア、梅毒、HIVなどに掛かるリスクが高くなります。

細菌やウィルスは亀頭の傷から簡単に入り込んでいくもので、亀頭自体が鍛えられていない包茎の人は性病に対する免疫力が低いです。また、包茎は炎症を起こすリスクも高く、よくあるのが亀頭包皮炎や尿路感染症で、皮膚表面が炎症しやすく、尿道に簡単に菌が入り込んでしまいます。尿道への感染は、性行為をしていなくても簡単に感染してしまうので、包茎の人は注意が必要です。

信頼できる専門クリニックで相談!

包茎のリスクは不衛生によるものが最も大きく、恥垢が溜まりやすい環境にあるので、感染症や炎症、性病のリスクが高まります。仮性包茎の人はもちろん、カントン包茎や真性包茎になると、こうしたリスクはかなり高くなるので、早目に専門クリニックで相談を受けるのが賢明です。

尚、信頼できる専門クリニックについては、下記の関連記事で掲載されている専門クリニックで相談が可能です。