男性の悩みの1つ包茎。ここでは基礎知識として包茎になる原因についてレポートします。

基礎知識<包茎になる原因>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に包茎に関する悩みが多いとされています。包茎は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな包茎に対する基礎知識として「包茎になる原因」についてレポートします。

基礎知識「包茎になる原因」について

男性の性の悩みで多いと言えば包茎がありますが、日本人のほとんどは仮性包茎というデータがあります。そう考えると深刻に悩む必要はないと思いますが、見た目のカッコ悪さだけでなく、不衛生による女性の嫌悪感などもあるので、色々と悩みどころは多いのです。ではなぜ包茎になってしまうのでしょう。

包茎の原因イメージ

男は生まれた時は元々包茎!

そもそもなぜ包茎になってしまうのかという問題の前に、まず男は生まれた時は元々包茎なのです。つまり、生まれたての赤ちゃんは包茎の状態が普通で、亀頭は全て包皮で覆われています。男は生まれながらにして包茎で、亀頭は大事な部位なので皮で覆われて保護されているのです。ただ子供の頃はいいのですが、大人になると皮が剥けてきて亀頭が露出するというのが正常なペニスの状態とされます。

欧米では大人になっても包茎になるリスクを回避するため、生まれたときに皮を切る習慣がありますが、日本人ではそうした習慣がないので2/3の人は仮性包茎のようです。しかし大人になってしっかり皮が剥ける人もいるわけで、そうなると包茎になる人にはそれなりの原因が考えられます。基本的には親の影響が大きく、皮をむいて亀頭を洗うことを小さい頃から教えているかどうかで変わってきます。親がそうした教育をしていないと、ペニスが成長する思春期になっても、皮が剥けない包茎の状態になるリスクがあるのです。

包茎の原因は、子供の頃から皮を剥く習慣があるかないかも関係!

なぜ包茎になるかは包茎の種類によっても異なり、仮性包茎の場合、子供の頃から皮を剥く習慣があるかないかも関係してきますが、オナニーも関係しているという説があります。オナニーをしすぎることでホルモンが性欲の解消に使われすぎて、ペニスの成長を阻害する要因になるというものです。男性器そのものの成長が止まると結果、皮が余ってしまい、いつまで経ってもズル剥け状態になることができません。カントン包茎になるのは、真性包茎の人が無理に皮を剥いて戻せなくなることで起きやすいです。

また、ペニスの成長が著しい場合、無意識に皮が剥けてしまってカントン包茎になるケースもあります。真性包茎の最大の原因は、皮を剥く練習を全くしていなかったことが強く影響していて、成長期に皮剥き行為を怠るとことが最も大きな要因です。中には、皮を剥こうとした時の痛みが気になり、皮を剥く事を諦めて真性包茎になってしまったというパターンもあるようですね。

信頼できる専門クリニックで相談!

男子は生まれた時は元々包茎で、大人に成長するにつれ、次第に包茎からズル剥け状態になっていきます。大人なっても包茎が解消されないのはオナニーのし過ぎなどの問題もありますが、最大の要因は子供の頃の意識的に包皮を剥く習慣の欠如と考えられそうです。大人になっても包茎が改善されない場合は、専門クリニックで相談されることをお勧めします。

尚、信頼できる専門クリニックについては、下記の関連記事で掲載されている専門クリニックで相談が可能です。