近年、男性の性器についての悩みが増えています。ここではSTD(性感染症)治療についてレポートします。

男性器の悩みについて<STD(性感染症)治療とは>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に男性の性器に関する悩みが多いとされています。男性器は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな男性器に対する自信を取り戻す方法として「STD(性感染症)治療」についてレポートします。

男性器の悩み「STD(性感染症)治療」について

性に対する悩みは様々で、包茎や勃起不全、短小など色々ありますが、そんな中、油断できないのが性感染症です。性行為で感染する病気なのですが、感染しても気づかないことが多く、気がついた時には体が侵されていることが多いので、STD治療の重要性が問われています。

男性器痛みイメージ

STD(性感染症)は大きな社会問題に!

STDは性経験の低年齢化も手伝ってか年々広がっていると言われていて、性感染症は大きな社会問題になっています。また、若い人だけでなく、急速な高齢化社会により、中高年層においても感染拡大が高まっているようです。性感染症を避けるには不特定の人と性交渉しないことが基本になるので、相手は特定のパートナーに限定し、オーラルセックスも感染率が高いので避けるようにしましょう。そして性交時には必ずコンドームを使用するようにするなど、徹底した配慮に努めることが大事です。

万が一STDにかかってしまった場合は、速やかに医療機関を受診することで、少しでも気になる症状が出現した時はためらわずに受診して検査を受けましょう。STD治療に関しては、性病科や泌尿器科、皮膚科や内科などが対応していて、女性の場合は産婦人科などでも受診可能です。性感染症については、パートナーも感染していることが危惧されるので、念のため、一緒に二人で治療を受けるのが賢明です。

子供の包茎治療は原則的には不要!

STD治療はどのように行われるのか気になるところですが、性感染症には様々な種類があるので、それぞれで対応は違ってきます。微生物を原因とする性感染症にクラジミアがあり、男性は尿道炎に、女性は子宮頚管炎を引き起こしやすいのですが、治療としては抗生剤を服用します。診断は男性の場合、尿検査を実施し、女性の場合、膣分泌物検査により行うのですが、通常、抗生物質を2週間程度服用すると完治が見込まれます。

亀頭や包皮にイボ状のブツブツができる尖圭コンジローマもよくある性感染症で、この場合、肉眼的な診断で判断が可能です。治療法としては、電気焼灼もしくは炭酸ガスレーザーを駆使しながら、イボを除去していきます。性感染症の中で世界的にその名が知られているのがエイズですが、診断は血液検査で可能で、治療方法は投薬治療になります。近年、治療法が進歩したことで、早い段階のうちに治療すれば、改善することは可能です。STDについては早期発見、早期治療が重要なので、とにかく早目に検査を受けることです。

信頼できる専門クリニックで相談!

性感染症であるSTDは、感染しても気づきにくいことが多いので、日頃からコンドームの着用やパートナーに配慮することが重要です。STDにかかってしまったと思った時はすぐに信頼できる専門クリニックで受診することが大事で、それぞれの性感染症の症状に応じて投薬療法や機械的処置が施されます。

尚、信頼できる専門クリニックについては、下記の関連記事で掲載されている専門クリニックで相談が可能です。