近年、男性の性器についての悩みが増えています。ここでは長茎手術についてレポートします。

男性器の悩みについて<長茎手術とは>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に男性の性器に関する悩みが多いとされています。男性器は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな男性器に対する自信を取り戻す方法として「長茎手術」についてレポートします。

男性器の悩み「長茎手術」について

男性器に対するコンプレックスは非常に大きいものがあり、代表的なのが包茎ですが、それ以外にも短小という悩みがあります。そうした悩みに対応できるのが長茎手術で、ペニスの長さを改善することが可能です。

長茎手術

※参考:エーツー美容外科「切らない長茎術」

2つの茎手術。「脂肪吸引式長茎手術」と「埋没陰茎長茎手術」!

銭湯や温泉など、日本では裸を見せる機会が多いので、男性はどうしてもペニスの大きさが気になります。嫌でも比較をしてしまうのが男性の悲しい性で、他人のペニスを比較して相手の方が立派だとショックを受けてしまうものです。ペニスの長さの悩みを解消するのに支持されている方法に長茎手術があり、ペニス増大法の中でも効果が高く、着実にペニス増大を図ることが可能と言われています。その手法については病院によって異なりますが、代表的なのが、お腹周りの脂肪を吸引してペニスを引っ張る脂肪吸引式長茎手術です。

通常、ペニスは少し体内に埋まっている状態なので、この手術を施すことで最大5cmくらいペニスの長さを出すことができるようです。
脂肪で隠れたペニスを引き上げる方法なので、特に脂肪が多い人に効果が期待できます。他にも、メスで切り込みを入れて埋まったペニスを引き出す埋没陰茎長茎手術があり、いずれも比較的需要の高い手術です。

長茎手術で勃起時のサイズはそれほど期待できない!

長茎手術は、短小の人にオススメの手術なのですが、リスクもあり、術後、勃起時の角度が低下したり、傷跡が残る可能性があります。そのため、適切な効果が得られるよう、長茎手術に実績のある症例数の多いクリニックを利用する必要があるでしょう。最近は医療技術の進歩によって切らない長茎手術もあり、メスは使わないで針と糸だけを駆使しながらペニスサイズの増大を図ることが可能です。皮を切らずに特殊な糸を使って固定する方法なので、感染症や痛みのリスクがありません。

ただ長茎手術で注意しないといけないのは、平常時のサイズアップはある程度見込めるのですが、勃起時のサイズはそれほど期待できないことです。勃起は海綿体の血流によって起こるものなので、靭帯を伸ばす長茎手術では、勃起時のサイズアップは望めないのです。そのため、長茎手術は同性に対するコンプレックス解消にはなっても、女性のための機能重視という意味ではほとんど効果はないと考えていいでしょう。

信頼できる専門クリニックで相談!

長茎手術はペニスが短いことで悩んでいる人にオススメの方法で、体内に埋まったペニスを引っ張り上げることで長さの改善を図ることが可能です。ただ、長茎手術は平常時のサイズアップには功を奏しますが、勃起時のサイズアップは望めないので、機能重視という意味では必要ないかもしれません。気になる方は一度専門クリニックで相談されてみてはいかがでしょうか。

尚、信頼できる専門クリニックについては、下記の関連記事で掲載されている専門クリニックで相談が可能です。