近年、男性の性器についての悩みが増えています。ここでは短小でも女性を満足させられるかについてレポートします。

男性器の悩みについて<短小でも女性を満足させられるか>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に男性の性器に関する悩みが多いとされています。男性器は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな男性器に対する自信を取り戻す方法として「短小でも女性を満足させられるか」についてレポートします。

男性器の悩み「短小でも女性を満足させられるか」について

包茎の人は包皮が亀頭を覆っていることから、ペニスの成長を阻害する要因になり、短小で悩む人が少なくありません。短小がコンプレックスになるのは見た目だけでなく、性交の際、女性を満足させることができないからですが、短小ペニスでも女性を満足させる方法はあるのでしょうか。

女性の包茎イメージ

短小の人は屈曲位(くっきゃくい)の体位で攻めると良い!

多くの男性はペニスが短小だと女性を満足させることができないと思い込みがちですが、実はそうでもないのです。基本的にペニスのサイズは、勃起時に10cmもあれば十分なので、特に短小で落ち込む必要はなく、大事なのは前戯です。女性を満足させるには前戯や愛撫がとても大切で、その辺のところを理解すれば短小でも女性を感じさせやすくさせることができます。満足感を女性に与えるには、言葉を巧みに利用するとよく、感じさせるためには、とにかく女性を褒めることです。

美しい、可愛い、セクシーなど、女性が喜びそうな言葉を積極的にかけることで、女性は精神的に感じるようになります。肉体的には、膣の入り口からすぐのおなか側にあるGスポットがポイントになるので、短小の人は屈曲位(くっきゃくい)の体位で攻めると良いです。短小の人は正常位だと長さ不足で十分に刺激を与えることができないのですが、屈曲位で挿入するとペニスがGスポットに当たりやすくなるので喜ばせることができます。

短小でもテクニックを駆使すれば女性を満足させれる!

短小であってもテクニックを駆使すれば女性を喜ばせることは可能で、大事なのはペニスの長さではなくノウハウなのです。ペニスはすぐに挿入するのではなく、女性の受け入れ体制がしっかり準備できてからするべきで、女性の方から挿入を懇願してきた時が絶好のタイミングになります。そして挿入してすぐに激しいピストン運動をするのではなく、しばらくは動かずにじっとしているのがコツで、それで女性はペニスの受け入れが可能になり、感度がアップします。

また単純にピストン運動するのではなく、Gスポットを意識しながら押し付けるように動かし、腰を巧みに駆使しながら円を描くようにすると効果的です。絶えず女性の表情に注目しながら腰を動かし、感じていると思ったポイントに注視して、その動きを中心にして攻め続けるとイカせることができます。女性が感じるテクニックを駆使しながらペニスを上手く動かしていけば、女性を満足させられるようになるので、短小で悩むことがなくなりますよ。

信頼できる専門クリニックで相談!

短小でも女性を満足させることは可能で、言葉を巧みに利用して、前戯として沢山の褒め言葉を女性にかけましょう。そしてGスポットを意識しながら腰を巧みに使って挿入すると効果的で、短小の人は屈曲位の体位で攻めると女性が感じやすくなります。また、ご自身のサイズが10cm以下の場合については長茎術をおすすめします。

尚、長茎術については、下記の関連記事で掲載されている専門クリニックで相談が可能です。