近年、男性の性器についての悩みが増えています。ここでは泌尿器科で包茎手術は受けれるのかについてレポートします。

男性器の悩みについて<泌尿器科での包茎手術>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に男性の性器に関する悩みが多いとされています。男性器は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな男性器に対する自信を取り戻す方法として「泌尿器科での包茎手術」についてレポートします。

男性器の悩み「泌尿器科で包茎手術は受けれるのか」について

包茎を治すために手術を受ける場合、多くの人は包茎治療専門クリニックを訪れることになりますが、病院の泌尿器科でも包茎手術は受けれるのでしょうか。泌尿器科でなら何となく安心感があり、費用的にも安く済むように感じますが、実際のところどうかなのか調べてみました。

泌尿器系

※参考:Wikipedia「泌尿器科学」

包茎手術は泌尿器科でも受けることができ、保険が適用される!

包茎手術は泌尿器科でも受けることができ、保険が適用され手術が受けられるので、美容クリニックで受けるよりも安く済みます。泌尿器科のメリットは、費用が安いところで、保険が利くので3割負担で包茎手術を受けることが可能です。但し、保険が適用されるのは、自分で包皮を剥くことができない真性包茎や重度のカントン包茎の場合だけで、仮性包茎は適用されません。仮性包茎の場合、病気とは認められていないので、泌尿器科では取り扱いがありません。

基本的に真性包茎の人の数は極わずかで、大半は仮性包茎になるので、結果的に泌尿器科を利用する人は少ないです。このように、泌尿器科で包茎手術は受けることは可能なのですが、包茎手術を受けられる人は重度のカントン包茎もしくは真性包茎の人に限定されます。ただ、仮性包茎の人は受けられませんが、真性包茎の人でとにかく費用を安く抑えたい人にとっては、泌尿器科は1つの選択肢になるでしょう。

泌尿器科のメリットは、真性包茎の手術が安く受けられること!

泌尿器科でも包茎手術を受けることはできるので、検討の余地はあるのですが、はっきり言ってメリットは真性包茎が安く受けられることくらいです。真性包茎の人は泌尿器科で手術を受けると健康保険が使えるので安く済んでいいのですが、あくまで治療目的での手術になるので、仕上がりの良さは期待できません。包茎手術に対する専門の医師がいないので、技術力不足が懸念され、術後の仕上がり具合について満足感が得られる可能性は低いです。

また、泌尿器科は総合病院の中の1つの科なので、他の患者に聞かれる恐れがあり、また必ず女性スタッフがいるので恥ずかしさがあります。一般の病院の場合、看護師はたいてい女性で先生だけが男性のところがほとんどなので、包茎手術を受ける場としてはハードルが高いです。仮性包茎でも手術が可能で傷痕の仕上がり具合やスタッフの対応などを考慮すると、やはり包茎手術は泌尿器科ではなく、包茎治療専門のクリニックに任せるのが賢明でしょう。

信頼できる専門クリニックで相談!

泌尿器科での包茎手術は可能で、真性包茎なら保険適用で安く受けられるメリットがあります。しかし泌尿器科の場合、多くの人が悩む仮性包茎に対しては受けることができず、仕上がりの満足度も低いので、包茎治療に特化した専門クリニックに依頼するのが無難です。

尚、信頼できる専門クリニックについては、下記の関連記事で掲載されている専門クリニックで相談が可能です。