近年、男性の性器についての悩みが増えています。ここでは子供の包茎治療についてレポートします。

男性器の悩みについて<子供の包茎治療とは>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に男性の性器に関する悩みが多いとされています。男性器は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな男性器に対する自信を取り戻す方法として「子供の包茎治療」についてレポートします。

男性器の悩み「子供の包茎治療」について

包茎治療と言うと、一般的に成人男子が受けるイメージが強いので、子供のうちから受けるというのは不自然なように思えます。しかし世界各国を見渡すと、子供の包茎治療を推進している国もあり、アメリカでは新生児期や乳児期に多くの子供が包茎治療を受けているようです。

子供イメージ

※参考:Wikipedia「小便小僧」

子供は包茎の状態が正常!

通常、生まれてきた男の子は包茎の状態が正常で思春期以降、包皮はスムーズに向けて行くのが普通なので、子供には包茎治療を施さないのが妥当です。子供には何もしないで自然経過で観察するのがセオリーなのですが、両親が包茎治療を希望した場合、対応方法が用意されています。まず子供の包茎治療には、包皮を手で剥く治療があり、包皮の外側を手でずり下げて亀頭を露出させていきます。
その際、出血を伴うことがあるので、ダメージを抑えるために軟膏を塗布するのですが、2週間以上は継続しないと効果は薄いです。

また、亀頭が露出した後は包皮をもとに戻しておくことが重要です。子供に対して手術療法を施す場合もあり、この場合、包皮を切除して亀頭を露出させる環状切除術や、包皮口を切開する手術方法が駆使されます。手術をする場合、日帰り手術が可能な環状切除術がオススメで、30分程度の短時間の手術で全身麻酔を施すので子供が怖がる心配なく終えることが可能です。

子供の包茎治療は原則的には不要!

子供の包茎治療については、色々と物議を醸していますが、基本、子供のペニスは包皮を被っている状態が普通なので、特に心配する必要はないでしょう。剥けやすいように、子供のうちから処置しておくのも悪くはないのですが、日本においては子供のうちから包茎治療をする人は少ないです。男の子が包茎ではダメだと子供の頃から心配する母親は少なくありませんが、思春期前の段階では亀頭が皮で覆われている状態が普通なので問題ありません。

たとえ、完全に皮を被っていて手で剥けないとしても、成長と共に次第にペニスは成長して自然に亀頭は露出するようになるものです。要するに、子供の包茎治療は原則不要であり、自然にまかせて何もしないで待つというのがベストの選択肢と言えます。包茎については、成年期に入っても皮が剥けず、どうしても支障がある場合にのみ対処すれば良く、慌てて子供のうちから包茎治療に取り組む必要はないでしょう。

信頼できる専門クリニックで相談!

子供の包茎治療には、手で包皮を向いて癖をつける方法と、環状切除術などで本格的に手術をする方法があります。しかし子供のうちは皮を被っているのが正常な状態なので、急いで包茎を処置する必要はないでしょう。ただ症状が悪く気になるようでしたら信頼できるクリニックで相談されてみてはいかがでしょうか。

尚、信頼できる専門クリニックについては、下記の関連記事で掲載されている専門クリニックで相談が可能です。