近年、男性の性器についての悩みが増えています。ここでは包茎手術の傷跡についてレポートします。

男性器の悩みについて<包茎手術は傷跡が消えず残るか>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に男性の性器に関する悩みが多いとされています。男性器は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな男性器に対する自信を取り戻す方法として「包茎手術は傷跡が残るか」についてレポートします。

男性器の悩み「包茎手術は傷跡が消えず残るのか」について

包茎手術は一生に一度のことなので、実際、手術をするとなると色々と不安があるもので費用面や痛みなど様々な問題がありますが、術後の傷跡についても心配があります。手術をした後、傷跡が消えず残ることもあるのでしょうか。

包茎手術傷跡イメージ

包茎手術で傷跡が消えない可能性はある!

包茎手術を受けた結果、傷跡が残ってしまうと治療したことがバレてしまうので、恥かしい思いをすることになります。傷跡が残るとすると、せっかく包茎手術をしても堂々と銭湯に行ったり女性に向き合うことができなくなるので、リスクは高いです。一口に包茎手術と言っても色々なやり方があるので、残念ながらその方法によっては、包茎手術で傷跡が消えない可能性はあります。手術の手法は多岐に渡り、治療方法によっては傷跡が残る程度が変わってくるので、手術の際は注意が必要です。

そもそも包茎手術は、人工的に怪我をさせる処置とも言えるので傷跡がつくのは当然のことで、いかに傷跡を目立たせないかどうかが問題になります。包茎手術の方法は各クリニックによって異なり、様々な手法があるので、傷跡が心配ならそれに特化した方法で対処している腕の良い執刀医に任せることです。また傷跡が目立たないようにしたいのであれば、費用的に高い手術に臨むことです。

包茎手術の種類によっては傷跡はほとんど残らない!

包茎手術で気になるのが傷跡ですが、メスを使った手術は切った跡が残りやすいので、見た目が気になる人は傷跡を残さない工夫をしているクリニックを受診しましょう。最近は、最新の技術を駆使することで傷跡が残らないよう工夫しているところが多く、縫合なども吸収性の糸を使用することで抜糸の必要をなくしているところが増えています。体内に分解されれば、傷も深くなりにくいので、吸収性の糸を使った手術はオススメです。

また、亀頭部分にメスを入れるのではなく根元付近にメスを入れることにより陰毛で傷口を隠す方法もあるので、術後の仕上がりが気になる人は色々と相談してみることです。中には、徹底的に傷跡を残さないよう対処しているクリニックもあり、様々な技術を駆使することで殆ど目立たない状態にまですることが可能になりつつあります。要はやり方次第ですが、今の技術は非常に高くなっているので、基本的に術後の傷跡についてはそれほど心配することはないでしょう。

腕の良い専門クリニックで相談!

包茎手術については、傷跡が心配になりますが、手術の方法によっては消えないこともあります。しかし最近の技術は進化しているので、腕の良い医師によく相談し、傷跡を残さないようしっかり対処しているクリニックに任せれば大丈夫でしょう。

尚、腕の良い包茎手術の専門クリニックについては、下記の関連記事で掲載されているクリニックで相談が可能です。