近年、男性の性器についての悩みが増えています。ここでは包茎の匂いについてレポートします。

男性器の悩みについて<包茎は臭うのか>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に男性の性器に関する悩みが多いとされています。男性器は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな男性器に対する自信を取り戻す方法として「包茎の臭い」についてレポートします。

男性器の悩み「包茎は臭うのか」について

包茎の人は様々な悩みを抱えていて、見た目的に醜いので、男性としての自信喪失につながります。また、包茎の悩みはそれだけでなく、不衛生なので臭いの問題があり、そのまま放置すると女性から嫌われる可能性大です。

女性ダメイメージ

包茎は強烈な悪臭を発する可能性が高い!

包茎になると実際に臭いは強くなり、それもかなりのものがあるので、注意しないといけません。臭いについては独特のものがあり、包茎の場合、恥垢が溜まりやすく、尿や精液なども混ざり合って発酵するので、一言で言うと悪臭です。特に真性包茎の人は要注意で、包皮が剥けない状態なので恥垢がかなり蓄積していて、強烈な悪臭を発する可能性が高いです。仮性包茎の人は入浴の際に丹念に洗えば、ある程度は臭いを軽減できますが、それでも臭いは気になります。

女性は包茎の臭いについては敏感で、皮の中が不衛生な状態になっている包茎の症状そのものに嫌悪感を示します。包茎の臭いが問題になるのは、裸にならなくても臭いが広がってしまうところで、股間が蒸れやすい夏場などは雑菌の繁殖により、ズボンの上からでも臭くなることがあります。異性や周囲の人から嫌われる原因になる包茎の臭いは、何とかして対処していかなければなりません。

包茎は臭いだけでなく、性病や陰茎癌のリスクも!

包茎の臭いを解消するには、日頃から亀頭ができるだけ露出できる体制にしておくことが大事で、仮性包茎なら可能な限り手で剥いた状態にしておくべきです。真性包茎やカントン包茎の人は、皮を剥いて洗うことはできないので、対策としては包茎手術を受けるしかないでしょう。しっかりと包茎の臭いを改善するには、やはり本格的に治療を受けるのが一番で、臭いだけでなく見た目の悩みも解決できます。従って仮性包茎の人でもできれば手術は受けるべきで、男性としての自信を取り戻すことができますよ。

特にカントン包茎と真性包茎の場合は、そのまま放置すると性交渉自体をするのが難しくなるので早めの手術がオススメです。包茎治療を受ければ、しっかりと洗えるようになるので、清潔な状態を保てるようになり、臭いの問題は一気に解決します。不衛生な環境になる包茎は、臭いだけでなく、性病や陰茎癌のリスクもあるので、包茎手術を受けてすっきりと改善しましょう。

信頼できる専門クリニックで相談!

包茎は恥垢が溜まりやすく、衛生環境が悪くなるので、そのまま放置すると悪臭を放つことになります。臭いを消すには、清潔にすればある程度、解消することができますが、仮性包茎ではなく真性包茎やカントン包茎の場合はそうはいきません。対策方法として一番良いのは包茎手術で、臭い解消と共に性交渉も問題なくできるようになり、見た目の自信も取り戻すことができますよ。

尚、信頼できる専門クリニックについては、下記の関連記事で掲載されている専門クリニックで相談が可能です。