近年、男性の性器についての悩みが増えています。ここでは包茎と病気の関係についてレポートします。

男性器の悩みについて<包茎は病気の原因になるのか>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に男性の性器に関する悩みが多いとされています。男性器は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな男性器に対する自信を取り戻す方法として「包茎は病気の原因になるのか」についてレポートします。

男性器の悩み「包茎は病気の原因になるのか」について

包茎の人は、見た目の印象が悪いので包茎手術で改善しようとする人が多いのですが、単に外観的な問題だけではなく、病気になるリスクがあると言われています。包茎が原因で病気になってしまうとすれば怖いことですが、果たして本当なのでしょうか。

包茎病気イメージ

包茎が原因で病気になる可能性はある!

包茎が原因で病気になるとすれば、深刻な事態と言えますが、実際問題、これは本当のことなのです。特に真性包茎やカントン包茎の人は注意が必要で、病気になる原因は恥垢が溜まりやすく、不衛生になってしまうからです。気になるのがどんな病気なのかですが、よく起こりやすいのが炎症で、具体的には亀頭包皮炎やケーラー紅色肥厚症などです。恥垢が溜まるとこうした病気になりやすく、炎症や膿を起こしやいので注意しないといけません。

病気にかかるリスクがある包茎の人は、入浴時に亀頭を清潔にすることが求められますが、これらの対処ができるのは仮性包茎の人のみになります。真性包茎とカントン包茎の人は、包皮を向いて洗うことができないので、手術をするしかありません。また、男性器で発症する病気に陰茎癌があり、非常に怖い病気で、自覚症状がないので気が付いた時には既に転移していて、取り返しのつかない事態になることもあります。

包茎が原因で女性に病気が感染する!

包茎は不潔な状態なので病気になるリスクは十分にあり、亀頭に皮が被った状態は恥垢の蓄積を余儀なくします。恥垢は放置していると臭いの原因になるだけでなく、雑菌の温床になって、やがて病気を併発するのです。恥垢が引き起こす病気は、エイズなどのウィルスの感染源にもつながるので、男性自身だけでなく女性にも被害が及びます。女性が病気に感染することもあるので、包茎の人は日頃から恥垢が溜まらないよう配慮しなければなりません。

包茎の男性は細菌に対する免疫がある程度あるのですが、女性は男性ほど免疫力がないのでセックスの際、菌が感染しやすく、病気に発症する可能性が高いのです。女性が病気を持っていなくても、性行為が原因で発症することもあるので、仮性包茎であったとしても油断はできません。病気になる問題については、自身だけでなく、パートナーにまで迷惑をかけることになるので、包茎はしっかりと治療していく必要があるでしょう。

腕の良い専門クリニックで相談!

包茎から病気になることは十分に考えられ、様々な病気の原因になるので注意が必要です。炎症や性病、陰茎癌などのリスクがあり、また性行為をした際、女性にも迷惑をかけることになるので包茎にはきちんと向き合い、腕の良い専門クリニックに相談しましょう。

尚、腕の良い包茎手術の専門クリニックについては、下記の関連記事で掲載されているクリニックで相談が可能です。