近年、男性の性器についての悩みが増えています。ここでは包茎と候の関係についてレポートします。

男性器の悩みについて<包茎手術の嘘と本当>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に男性の性器に関する悩みが多いとされています。男性器は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな男性器に対する自信を取り戻す方法として「包茎は早漏になりやすいのか」についてレポートします。

男性器の悩み「包茎は早漏になりやすいのか」について

包茎の人は、見た目のコンプレックスや恥垢が溜まることの衛生面など、様々な不安を抱えていますが、早漏についても悩みを抱えていることが多いです。実際、包茎だと早漏になりやすいのかどうか、その辺の問題について考察してみました。

早漏イメージ

包茎は早漏になるという考えは早計!

事実、包茎の人で早漏の人は多いようで、普段皮を被っている亀頭が刺激を受けることでそうなるのは納得がいきます。要するに刺激に耐えられなくなって思わず射精してしまうわけですが、ただ、包茎だから必ず早漏になるという考えは早計です。なぜなら、きちんと剥けている人でも早漏の人はいるからで、性行為に慣れていなかったり、普段、オナニーをしすぎる人は早漏になりやすいと言います。ペニスが敏感すぎると早漏になりやすいのは事実なので、包茎は少なからず関係しているとは言えますが、直接的要因ではないのです。

従って、包茎手術さえすれば早漏の悩みは解決できるという考え方は間違っていて、手術をしても亀頭を鍛えて敏感さに慣れなければ早漏は改善できません。逆に言えば、包茎手術をしなくても早漏は治せるわけで、女性との性行為を重ね、自慰行為をコントロールしていけば、改善される可能性は高いです。包茎が早漏になりやすい要因は確かにありますが、全てではありません。

早漏の原因は「過敏性」「心因性」「衰弱性」など様々!

包茎と早漏の因果関係がよく取沙汰されるのは、日本人の約7割が包茎という絶対数の多さも関係しています。確かに包茎だと早漏になりやすいのは本当で、亀頭が常に保護されていた状態からセックスの際、包皮が剥けて刺激を受けるからです。しかし肝心なことは、包茎だから早漏になるのではなく、いかに亀頭への刺激に慣れるかが最大のポイントになります。早漏にならないようにするには、亀頭に刺激を与えながらオナニーをすると良く、それで刺激に慣れていくと効果的です。

亀頭に刺激を与えるオナニーをすることで早漏が改善される可能性は高いので、試してみる価値はあるでしょう。早漏の原因は複雑で、包茎に関与する過敏性によるもの、心因性によるもの、衰弱性によるものなど様々な要因があります。これらの原因は単一ではなく、複数の原因が絡み合っていることもあるので、早漏改善には原因解明が急務です。ペニスへの刺激対策はもちろん、興奮をコントロールする対策も求められ、また衰弱性の場合、射精をコントロールする筋肉を鍛えることも重要になってきます。

早漏は総合的な改善が必要!

包茎の人は普段包皮が被っていて刺激に慣れていないことから、早漏になりやすいのは本当ですが、それだけではありません。早漏の原因は、経験不足や心理的なものなどかなり複雑なので、それらの要素を合わせて改善していく必要があります。

また、亀頭を保護し持続性を持たせる早漏治療があります。いろいろ試されてそれでも改善されない場合は、専門クリニックで相談されることをお勧めしたます。

尚、早漏治療については、下記の関連記事で掲載されている専門クリニックで相談が可能です。