近年、男性の性器についての悩みが増えています。ここでは包茎とイジメの関係についてレポートします。

男性器の悩みについて<包茎はイジメられる>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に男性の性器に関する悩みが多いとされています。男性器は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな男性器に対する自信を取り戻す方法として「包茎はイジメられる」についてレポートします。

男性器の悩み「包茎はイジメられる」について

包茎はイジメられるとよくいいますが、学生などの間では実際のところ、そうしたことはたまにあるようです。しかしイジメと言ってもほとんどは冗談半分で、包茎だからと言って大人になってからイジメられることはないでしょう。です。

子供イメージ

包茎が話題に上ってイジメの標的に!

包茎が原因でイジメに悩む男性がいるとすれば、これは悲しき問題ですが、どちらかというと被害妄想的な部分が多いです。自分が包茎だとすると男性なら1度は悩むもので、周囲の目が気になります。仮性包茎の場合、日常生活には特に支障がないので普段は問題ないのですが、たとえば友人との旅行で温泉に行ったような場合、過剰に意識するものです。包茎そのものに悪いイメージがつきまとっているので、小学校の高学年ぐらいになると、包茎が話題に上ってイジメの標的になることがあります。

冗談半分でも会話の中で剥けているかどうかの話題になった時、自信がない場合、萎縮してしまって結果的にイジメの対象になることもあるのです。年齢的に性に対する関心が高まってくると、包茎に対する悪いイメージから、相手を少しバカにしたりすることで傷つけることはよくあります。しかしそれはイジメというよりは、からかうという意味あいが強く、本人の自虐的な思いの方が強いでしょう。

包茎でイジメられることは、成人の間では極めて少ない!

包茎であることで、実際に人からイジメられるということは成人男子の間では極めて少ないのですが、包茎に対するイメージが悪いのは事実です。見た目がカッコ悪く、人に見せるのが恥ずかしく、また女性も包茎に対しては不潔というイメージが強いので良い印象はありません。ただ、女性から見た包茎は、見た目のカッコ悪さというよりは不衛生に対する思いが強く、実際、性交の際、感染症のリスクが高まります。

包茎で仮にイジメがあったとしてもそれは10代の子供の頃だけで、剥けていない子をからかっているだけに過ぎません。大人になると包茎についての話をすることもなくなるので、包茎に対するイジメのイメージをいつまでも持っているとしたら、それは先入観によるものでしょう。病気でもないのに昔から包茎に悪いイメージが定着しているのは、ある意味、不安を煽ることで儲けようとするクリニックの戦略にはまっているのかもしれません。

信頼できる専門クリニックで相談!

包茎でイジメられるのは、少なくとも10代の若い頃だけで、それも冗談半分でからかう程度のレベルのものがほとんどです。いつまでも包茎に悪いイメージがあるのは、企業戦略によるもので、商業ベースに乗せるためのものなので過度に気にしないようにしましょう。しかし、包茎によるイジメでお悩みの場合には専門クリニックでの相談をおすすめします。

尚、信頼できる専門クリニックについては、下記の関連記事で掲載されている専門クリニックで相談が可能です。