近年、男性の性器についての悩みが増えています。ここでは前立腺癌と包茎の関係についてレポートします。

男性器の悩みについて<前立腺癌と包茎の関係>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に男性の性器に関する悩みが多いとされています。男性器は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな男性器に対する自信を取り戻す方法として「前立腺癌と包茎の関係」についてレポートします。

男性器の悩み「前立腺癌と包茎の関係」について

包茎の人は前立腺癌になりやすいという報告があることから、前立腺癌と包茎の関係については無視できないものがあります。前立腺癌は細菌やウイルスなどの感染によって起こり得るものなので、恥垢の蓄積が細菌の増殖を誘発する包茎は前立腺癌の温床になるのです。

包茎病気イメージ

包茎と前立腺癌との関係が最近指摘されている!

前立腺癌と言えば、男性特有の癌として有名ですが、実は包茎と関係しているのです。包茎だからといってそれで直接的に前立腺癌になるわけではありませんが、食事やホルモンバランスの変化などの原因だけでなく、感染症から発症するリスクがあります。基本的に前立腺癌は、食事や生活習慣の影響を受けやすく、高齢になると男性ホルモンのバランスが崩れるので発症しやすいといわれている病です。

また、遺伝による影響もあり、家族に前立腺癌患者がいた場合にも発症しやすいようですが、包茎との関係が最近指摘されています。皮で亀頭が覆われている包茎は細菌が溜まりやすく、細菌が増殖することで性感染症から前立腺癌になるリスクが高くなるのです。実際、性交の際、包茎を治療した人とそうでない人を比較すると、包茎治療した人の方が前立腺癌になりにくいというデータが残っています。要するに、包茎の人はそうでない人よりも、前立腺癌になりやすいのです。

前立腺癌の病原菌が、包茎になると増える傾向にある!

包茎の人は亀頭と皮の間に恥垢が溜まりやすいので、細菌の増殖により前立腺癌になるリスクが高まります。前立腺癌に関係する病原菌が、包茎になると増える傾向にあるので、予防のためにも包茎手術は受けておきたいところです。そうすることで前立腺癌を発症する確率を低下させることが可能で、性交前に包茎治療をすると、していない人よりも確率が15%低下することが実験でわかっています。

これは悪性、良性共に確認されていて、いずれの発生確率も低下しているようです。手術で包茎を改善すると前立腺癌のリスクが低下するのは、余った皮を切除することで感染を起こしにくくなるからです。包皮を切除する包茎治療は、細菌やウイルス感染を起きにくくできるので、前立腺癌になりにくくする効果が期待できます。包茎手術は単に見栄えをよくするだけでなく、前立腺癌予防の観点からも、非常に意味がある手術なのです。

信頼できる専門クリニックで相談!

前立腺癌の原因は、加齢や生活習慣、遺伝などが考えられますが、包茎との関係も指摘されています。感染症から罹患することもあるので、細菌が増殖しやすい包茎は前立腺癌の原因になります。包茎手術は前立腺癌予防に寄与すもので、それはデータからも立証されています。一度、専門クリニックで相談されてみてはいかがでしょうか。

尚、信頼できる専門クリニックについては、下記の関連記事で掲載されている専門クリニックで相談が可能です。