近年、男性の性器についての悩みが増えています。ここでは切らない包茎手術についてレポートします。

男性器の悩みについて<切らない包茎手術はあるのか>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に男性の性器に関する悩みが多いとされています。男性器は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな男性器に対する自信を取り戻す方法として「切らない包茎手術」についてレポートします。

男性器の悩み「切らない包茎手術」について

包茎手術をする場合、様々な不安がつきまとうものですが、中でも非常に大きな心配事になるのが痛みです。通常、包茎手術は余った包皮をメスで切除するので、どうしても怖さがあります。できれば切らずに済ませたいところですが、切らない包茎手術はあるのでしょうか。

切らない包茎手術イメージ

切らない包茎手術はある!

包茎を放置すると性器が不潔になりやすいので、女性のためにも積極的に治療は受けたいものです。ただ、包茎手術をするに当たっては、大事な部分にメスを入れる行為になるので、色々と不安がつきまといます。基本的に包茎手術をする場合、余った皮を切ってその後、縫合して亀頭部が剥けた状態にするのですが、陰部にメスを入れる行為は何かと問題があります。もし失敗して、一生使い物にならなくなったらと考えると、包茎手術には二の足を踏んでしまうでしょう。

しかし最近では包茎手術も進化していて、切らない方法があり、この方法であればスピーディな手術が可能で回復も早く、傷跡も残りにくいです。切らない包茎手術は、色んな意味でリスクが少ない方法なので不安がなく、気軽に受けられるメリットがあります。また、切らないということは痛みもほとんどないので痛みに対して敏感な人にもオススメできる方法で、手術に対するハードルが低く、コスト負担も小さいです。

切らない包茎手術はメリットが多い!

切らない包茎手術には様々なメリットがあり、痛みも少なく回復も早く、日帰り手術も可能です。最大の魅力は、傷跡が目立ちにくいところで、手術跡がほとんどわからないので手術したことが周りにバレません。切る手術をすると見た目が不自然になるリスクが高く、場合によってはツートンカラーになってしまい、再手術を希望するケースも少なくないです。その点、切らない手術の場合、自然な感じのペニスになるので見た目の不自然さがなく、傷跡も目立たないので安心感があります。

また、切る包茎手術をすると、セックスやオナニーが4週間以上もの長い間禁止されますが、切らない手術なら当日からでもセックスができます。そして、切る手術のようにセックスの感度が低下することがなく、痛みや出血もありません。ただ、切らない包茎手術が適用されるのは、基本的に仮性包茎で軽度の症状の場合のみなので、切らずにできるかどうか、まずは専門医の診断を受ける必要があるでしょう。

腕の良い専門クリニックで相談!

包茎手術を切る手術でするとなると、痛みや出血が心配で色々と不安がありますが、切らない手術なら安心です。メスを入れないので痛みがなく、回復も早く、傷跡も目立ちにくく、セックスも当日から可能です。しかし、切らない包茎手術は軽度の仮性包茎の人だけに適用される方法なので、その辺のところは注意しましょう。

尚、切らない包茎手術については、下記の関連記事で掲載されているクリニックで相談が可能です。