近年、男性の性器についての悩みが増えています。ここでは仮性包茎でも治療は必要かについてレポートします。

男性器の悩みについて<仮性包茎でも治療は必要か>

男性の悩みは色々あり後を絶ちません。特に男性の性器に関する悩みが多いとされています。男性器は生まれ持ったものなので自分の努力ではどうしようもないことが大半です。下記では、そんな男性器に対する自信を取り戻す方法として「仮性包茎でも治療は必要か」についてレポートします。

男性器の悩み「仮性包茎でも治療は必要か」について

包茎治療に臨む場合、多くの人が悩むのが果たして仮性包茎でも治療をすべきかどうかです。日常的に自慰やセックスなど性生活に支障がなければ、敢えて治療は必要ないように思いますが、やはり仮性包茎であっても治療はしたほうがいいのでしょうか。

仮性包茎イラスト

※参考:エーツー美容外科「包茎とは」

精神的やストレス解消の意味では仮性包茎でも治療は必要!

包茎手術を考える場合、包茎であることにデメリットがあるからするわけですが、中でも問題になるのが衛生面です。亀頭周辺に恥垢が溜まりやすい包茎はとても不衛生で、放置すると炎症を起こしたり、また女性に性病を感染させるリスクがあります。ただ、包皮が全く剥けない真性包茎やカントン包茎なら、手術する必要性は感じるのですが、仮性包茎ならある程度、皮を剥いて洗うことができるので清潔にすることが可能です。

そうなると、仮性包茎に対する治療は必要ないように感じますが、包茎は種類に関係なく見た目のコンプレックスがあるものです。そもそも包茎についてはイメージの悪さがあるので、包茎のままでは男としての自信喪失につながり、場合によっては女性に対峙できない可能性もあります。ズル剥けこそが正常な状態で包茎は問題ありとみなされるので、精神的な悩みやストレスを解消する意味では仮性包茎でも治療は必要と言えるでしょう。

衛生面などから仮性包茎の治療する意義は高い!

仮性包茎の人は、特に医学的には問題ないので手術をするかどうか判断には悩みますが、同性に対する劣等感や女性への嫌悪感を考慮すると手術する価値は十分にあります。また、包茎の人は刺激に敏感なので早漏になりがちですが、包茎手術をすれば刺激に慣れることで早漏を克服できる可能性も高いです。包茎は恥ずかしいという思いが少しでもあると男としての自信がなくなり、人によっては性交の際、勃起できなくなってEDになるケースもあります。

精神的なプレッシャーを克服するには、包茎治療を受けるのが一番で、手術すれば性行為に満足感が得られるようになり、自信が復活する可能性が高いですよ。また、仮性包茎の人は皮を剥いて清潔にすることはできますが、恥垢が溜まりやすいのは事実で、性病や炎症の発症リスクが大きいのは否めません。衛生面や病気のことを考えても仮性包茎の治療する意義は高く、一度手術をすればその後はラクになるので思い切って試してみましょう。

信頼できる専門クリニックで相談!

多くの場合、皮を剥いて清潔にすることができる仮性包茎については、治療に対して消極的になる傾向にあります。しかし衛生面や病気、見た目のコンプレックス、男としての自信復活などを総合的に考慮すると、やはり仮性包茎でも信頼できる専門クリニックで治療は受けるべきでしょう。

尚、信頼できる専門クリニックについては、下記の関連記事で掲載されている専門クリニックで相談が可能です。