包茎手術で有名な日本全国の包茎手術専門クリニックをランキング形式でまとめて比較します。

2017年ランキング!<包茎手術クリニックサーチ>

包茎手術クリニック<ランキング2017年!>

包茎手術を行うには、包茎手術を行うまでの事前準備(情報収集)が必要です。自分の包茎の種類の把握や、どの専門クリニックを選ぶか、またはどの包茎手術の種類を選ぶかなど、事前にやることが沢山あります。

下記では、日本全国の包茎手術専門クリニックの人気度を、ランキング形式でご紹介します。どの専門クリニックを選ぶかの参考にしてください。

包茎手術ランキング

上野クリニック

上野クリニックトップ

包茎手術価格

72,000円〜

治療種類と強み

包茎手術専門クリニックとして人気の高い上野クリニックの強みは、仕上がりが美しいところで、技術力の高さでは定評があります。そのクオリティの高さから術後、傷跡がほとんど目立つことがなく、美しい自然な形にしてくれるクリニックなのです。治療の種類については、包茎治療のほか、早漏改善、亀頭強化、亀頭増大などがあり、痛みのない手術で安心の施術を提供しています。

新しい麻酔システムを導入することで手術時の痛みを極力抑えていて、特に麻酔に関しては評価されているクリニックです。上野クリニックは、目立った先進的な設備こそありませんが、医師の技量は非常に高いものがあり、手術室は万全の設備が敷かれているので安心していいでしょう。

上野クリニック詳細ページはこちら 上野クリニック公式サイトはこちら

ABCクリニック

包茎手術価格

50,000円〜

治療種類と強み

ABCクリニックの強みは、通いやすい立地とアクセスの良さで、まだ新しいクリニックということでお店がキレイなところです。店舗自体が新しいのでとても新鮮で、開放感がある内装になっているのでゆったりと治療を受けることができます。数ある包茎治療専門院の中でも利用やすいクリニックで、治療の種類も包茎治療のほか、早漏防止、亀頭増大、長茎術、シリコンボール、EDなど多彩です。

ペニスに関する治療はおまかせで、それ以外にワキガや多汗症、育毛治療まで実施しています。設備的にも申し分なく、充実した滅菌機器導入による衛生面強化により感染症を未然に防ぎ、ホルマリン殺菌装置なども構築されているので衛生対策は万全です。

ABCクリニック詳細ページはこちら ABCクリニック公式サイトはこちら

東京ノーストクリニック

東京ノーストクリニックトップ

包茎手術価格

30,000円〜

治療種類と強み

東京ノーストクリニックの強みは、全国的に拠点数が32と多いところで、包茎治療するに際して利用しやすいところです。グループ数が多いということでそれだけ症例数も多く、信頼できうる評価を勝ち取っています。料金的にも業界最安値に位置するものなので、利用に当たってはハードルが低く、明朗会計なので安心して利用可能です。

治療の種類も豊富で包茎治療をはじめ、ペニス増大術や長茎術など、幅広い治療に携わっていて、たとえば短小や湾曲などの悩みにも適切に対処しています。設備も充実していて、3D精密曲線作図法による技術で傷口を極力抑えながら美しい仕上がりを実現し、また最新鋭の痛みを抑えた麻酔システムが導入されています。

東京ノーストクリニック詳細ページはこちら 東京ノーストクリニック公式サイトはこちら

本田ヒルズタワークリニック

本田ヒルズタワークリニックトップ

包茎手術価格

症状を確認後、メニューと料金を提示

治療種類と強み

本田ヒルズタワークリニックの強みは、一言で言うと本田院長の技術力で、独自の包茎手術が評判になっています。切らない仮性包茎手術に自信を持っていて、美しい仕上がりが実現するので満足度は高いです。スピーディに施術してくれ、手術当日から普通の生活が可能になるので、忙しい人にピッタリと言えます。

治療の種類も充実していて、包茎治療全般以外に、増大手術、長茎手術、早漏治療などあらゆる男性の性の悩みに対処しています。先進機器などはないので設備面に関してはそれほど充実しているとは言えませんが、衛生面に配慮するため手術室やカウンセリングルームには滅菌器具が導入されています。

本田ヒルズタワークリニック詳細ページはこちら 本田ヒルズタワークリニック公式サイトはこちら

東京スカイクリニック

東京スカイクリニックトップ

包茎手術価格

90,000円〜

治療種類と強み

東京スカイクリニックの強みは丁寧な手術にあり、術後、傷口が目立たないので、綺麗な仕上がりを期待する人から支持されています。ネーミングに反して、東京には1店舗のみしか展開しておらず、その理由は乱立する美容外科業界にあってワンランク上のレベルの高い包茎手術を目指しているからです。

料金的には決して安いとは言えませんが、技術には確かなものがあり、仕上がりは抜群です。治療の種類も充実していて、包茎手術のほか、亀頭増大、陰茎増大、早漏や亀頭強化、パイプカットやシリコンボールなどに対応しています。設備に関してもしっかりしていて、ミクロ単位でカット可能なマイクロサージェリー方式を導入しているので回復力も早いです。

東京スカイクリニック詳細ページはこちら 東京スカイクリニッククリニック公式サイトはこちら

エーツー美容外科

エーツー美容外科トップ

包茎手術価格

50,000円〜

治療種類と強み

エーツー美容外科クリニックの強みは、駅からすぐの好立地にあるところで、非常に通いやすいです。また、男性の心理的不安を取り除くため、匿名相談を受け付けていて、名前を名乗らずにその人にふさわしい包茎治療や治療費を教えてくれます。治療費が明確でケア体制がしっかりしているのも強みの1つで、24時間、悩みや相談について対応可能です。

治療の種類についても幅広く、包茎治療以外に長茎術や亀頭増大術、早漏治療、そして薄毛治療なども実施しているので、様々な男性の悩みについて相談ができます。気になるのが設備面ですが、綺麗で清潔な完全個室での予約制になっているのでリラックスすることができ、プライバシーに関しても安心です。

エーツー美容外科詳細ページはこちら エーツー美容外科クリニック公式サイトはこちら

皐月形成クリニック

皐月クリニックトップ

包茎手術価格

25,000円〜

治療種類と強み

皐月形成クリニックの強みは、シニア層から高い支持を得ているところで、老人性包茎などにもしっかり対応しています。その人の症状に応じて最適な治療プランを提供していて、品質も高く、年中無休など柔軟な体制を敷いているので何かと評判の高い医院です。
また、料金も業界最安水準なので利用しやすく、予算に応じてより納得のできる仕上がりが期待できます。

治療の種類も包茎手術以外に亀頭増大や長茎術、早漏なども取り扱っているので、それぞれの要望に合わせて最適なプランを選ぶことが可能です。設備面も問題なく、とても清潔感のある院内に滅菌器具等の設備が充実していて、幅広い包茎治療が実施できる環境が配備されていす。

皐月形成クリニック詳細ページはこちら 皐月形成クリニック公式サイトはこちら

メンズサポートクリニック

メンズサポートクリニックトップ

包茎手術価格

50,000円〜

治療種類と強み

メンズサポートクリニックの強みは、新宿駅から近いところで年中無休というのが魅力です。しっかりとしたサポート体制があって22時まで営業しているので、仕事帰りでも気軽に手術を受けることができます。もちろん技術力も高く、仕上がり状態も万全で、オリジナルの5段階麻酔を採用しているので痛みがほとんどありません。

患者の痛みを緩和するために最大限の努力をしているので、痛みに敏感な人でも安心です。また、料金が安いのも強みで、基本料金には麻酔代や薬剤代金も含まれているのでオプション料金不要でとてもリーズナブルです。治療の種類には、包茎治療や亀頭増大術、早漏防止治療などがありますが、設備はシンプルで機械や道具に頼った手術はしません。

メンズサポートクリニック詳細ページはこちら メンズサポートクリニック公式サイトはこちら

包茎手術の基礎知識について

近年、様々な包茎手術の種類が誕生しています。ここでは包茎手術を行う前の基礎知識についてレポートします。

基礎知識「包茎の種類」について

包茎の人は悩みが深く、亀頭部分に皮が被っている状態だと、見た目の印象が非常に悪いですよね。ただ、包茎と一口に言っても種類があるようで、常に皮を被った状態なのか、勃起時には皮を剥くことができるかなど、その症状によって色々あるみたいです。

包茎の種類

※参考:エーツー美容外科「包茎とは」

包茎の3つの種類「仮性包茎」「カントン包茎」「真性包茎」!

一般的に、亀頭が包皮で覆われていると包茎になるわけですが、子供の内はこの状態が正常なので特に心配する必要はありません。包皮が剥けてくるのは思春期に入ってからで、体の成長と共に、亀頭が自然に露出してくるようになります。基本的には、通常時に亀頭が包皮に覆われている状態が包茎と判断されますが、勃起時に皮が剥けるのであれば大きな支障はなく、この状態を仮性包茎と呼んでいます。要するに、包茎は包皮の剥け具合で種類分けがされていて、平常時は亀頭が包皮に覆われているのですが、勃起時には亀頭を露出できるのが仮性包茎です。

そして、包皮輪が狭いことで亀頭を露出しようとすると痛みを伴い、亀頭下に締めつけが起こって上手く亀頭を露出できない状態がカントン包茎です。平常時も勃起時も常に包皮を剥くことができない状態は真性包茎と診断され、包茎の中では最も重症のタイプになります。仮性包茎の場合、手術をしなくても改善方法はありますが、カントン包茎や真性包茎の場合は手術が必至です。

続きは、「包茎の種類について」をご覧ください。

基礎知識「包茎になる原因」について

男性の性の悩みで多いと言えば包茎がありますが、日本人のほとんどは仮性包茎というデータがあります。そう考えると深刻に悩む必要はないと思いますが、見た目のカッコ悪さだけでなく、不衛生による女性の嫌悪感などもあるので、色々と悩みどころは多いのです。ではなぜ包茎になってしまうのでしょう。

包茎の原因イメージ

男は生まれた時は元々包茎!

そもそもなぜ包茎になってしまうのかという問題の前に、まず男は生まれた時は元々包茎なのです。つまり、生まれたての赤ちゃんは包茎の状態が普通で、亀頭は全て包皮で覆われています。男は生まれながらにして包茎で、亀頭は大事な部位なので皮で覆われて保護されているのです。ただ子供の頃はいいのですが、大人になると皮が剥けてきて亀頭が露出するというのが正常なペニスの状態とされます。

欧米では大人になっても包茎になるリスクを回避するため、生まれたときに皮を切る習慣がありますが、日本人ではそうした習慣がないので2/3の人は仮性包茎のようです。しかし大人になってしっかり皮が剥ける人もいるわけで、そうなると包茎になる人にはそれなりの原因が考えられます。基本的には親の影響が大きく、皮をむいて亀頭を洗うことを小さい頃から教えているかどうかで変わってきます。親がそうした教育をしていないと、ペニスが成長する思春期になっても、皮が剥けない包茎の状態になるリスクがあるのです。

続きは、「包茎になる原因」をご覧ください。

基礎知識「包茎のリスク」について

包茎は男性にとって大きな悩みで、見た目が良くないので精神的なコンプレックスになり、やがてそれは男としての自信喪失にもつながりかねません。また、見た目だけでなく衛生面でのリスクがあり、包茎は恥垢が溜まりやすいので不衛生です。

包茎手術リスクイメージ

日本人の7割は仮性包茎!

男性で包茎の人は多く、日本人の7割は仮性包茎と言われているのですが、だからと言って安心してはいられません。仮性包茎の場合、特に日常生活に支障はないので、慌てて手術をする必要はないのですが、包茎が抱えるリスクというのはしっかり認識しておく必要があります。お風呂に入った時に恥垢を洗い流すことができる仮性包茎は、衛生面では特にリスクがないように思いがちです。

しかし長い目で見るとそうとは言えず、普段は亀頭に皮が被っている状態なので、どうしても恥垢が溜まりやすく、菌を繁殖させる温床になって悪臭の原因にもなります。不衛生になるというのが包茎の最大のリスクと言ってよく、仮性包茎でもそうなので、真性包茎やカントン包茎になると、衛生面でのリスクは計り知れません。溜まった恥垢を洗うことができない真性包茎やカントン包茎の場合、陰茎癌になるリスクもあるので、できるだけ早めに手術を受けるようにしましょう。

続きは、「包茎のリスクは」をご覧ください。

基礎知識「女性から見た包茎の印象」について

包茎男性は常日頃から大きなコンプレックスを抱えていて、いざ本番になった際、機能しなくなることも少なくないようです。それは女性の目を気にしているからですが、実際、女性から見た包茎の印象はどうなのでしょう。
女性の包茎イメージ

女性から見た包茎の印象ははっきり言って悪い!

女性から見た包茎の印象ははっきり言って悪く、かなり気にしているというのが正直なところです。男性が包茎だと不衛生で性感染症にかかるリスクが高く、衛生的にデメリットがあることを女性は知っています。包茎そのものには関心がない女性も多いのですが、自分のパートナーが包茎だとすると、無関心ではいられなくなるのが実情のようです。中には包茎が発覚したことで別れを切り出す女性もいるので、男性はたかが包茎とうかうかしてはいられません。

実際、多くの女性は包茎男性に対して、理解を示そうとはしていますが、早漏になりやすいこともあって性行為に対する不満も少なくないです。また、仮性包茎なら女性にとってはまだ許容範囲に入るのですが、さすがに真性包茎になると綺麗に洗うことができないので、嫌悪感を示す女性が大半です。皮を剥けない真性包茎となると、性病や感染症にかかるリスクが高くなるので、セックスを拒絶されたとしても仕方ないでしょう。

続きは、「女性から見た包茎の印象」をご覧ください。

基礎知識「包茎手術の種類」について

長らく包茎に悩んでいると、最終的には包茎手術に挑んで解決するという策を取るケースが少なくありませんが、包茎手術には色々な種類があるようですね。包茎手術を受ける前には、どのような手術の種類があるかくらいかは知っておいた方がいいでしょう。

手術イメージ

包茎手術の種類は大きく分けて2種類!

基本的に包茎手術を受ける場合、選択肢として、大きく分けて2種類あることを認識しておくと良いです。それは切るか切らないかで、包茎手術には切る手術と切らない手術があります。包茎手術にはカットする方法とノーカットの方法の2種類があるわけですが、カットする方法はメスを使って余分な包皮を切り、その後、傷口を縫合します。この方法は昔からある方法ですが、切るので完治するまでに時間を要し、術後、普通の性生活に戻るまでにある程度の制約期間が必要です。

もっとも最近は技術の進化により、日帰りが可能で抜糸の必要がないカット法もあり、この場合、通院しなくても大丈夫です。切らないノーカットの手術法は、メスを使わずに糸や道具などで皮の形を矯正したり薬剤で処置するのですが、基本的に仮性包茎など軽度の包茎手術に限定されます。適用できる包茎のタイプが限られていて、真性包茎やカントン包茎の場合は手術の対象にはなりません。

続きは、「包茎手術の種類」をご覧ください。

基礎知識「包茎手術の料金相場」について

包茎手術を受ける場合、気になるのが料金で、いざ手術を受けるとなるとやはりそれなりの費用は確保しておかなくてはなりません。病院で手術した場合、保険適用が利くのかどうかも気になりますが、どのくらいの料金がかかるのでしょう。

料金相場イメージ

病院の泌尿器科での包茎手術は保険が適用される!

包茎手術は、病院の泌尿器科で手術を受けると保険適用が可能になるので、費用的にはかなり安く済みます。相場としては2万円から3万円くらいを見ておくと良く、手術費用としては非常にリーズナブルです。但し、保険が適用されるのは、真性包茎とカントン包茎の場合のみで、仮性包茎は適用対象外になります。つまり、仮性包茎は保険が利かないので、専門クリニックでなく病院で手術を受けるとしても相場的には10万円から30万円くらいは見込んでおく必要があるでしょう。

また病院の場合、仮性包茎の状態に持っていくだけの手術なので、大抵の場合、包茎の治療は包茎専門クリニックで受けることが推奨されています。包茎手術の料金は自由診療になるので、それなりに費用は高くなりますが、極端に安いところは逆に要注意で、利用する場合は実績のある専門クリニックを慎重に検討することです。保険が適用される真性包茎やカントン包茎であっても、泌尿器科は避け、専門クリニックを利用すべきでしょう。

続きは、「包茎手術の料金相場」をご覧ください。

基礎知識「包茎手術までの流れ」について

実際に包茎手術を受けるとなると、一生に一度の手術になるので、どのような流れで行われるのか不安になりますよね。安心安全に落ち着いて包茎手術を受けるために、大体の流れはしっかり把握しておきましょう。

カウンセリングイーメージ

まず情報をネットなどで収集する!

基本的な流れとしては、まず包茎の情報をあらかじめネットなどで収集しておくと良く、自分の包茎の状態がどの程度なのか、また手術すべき状態なのかを確認しておきます。ある程度、情報を収集して、病院に相談する決意が固まったら、次に病院の情報を集めましょう。

最近は様々な包茎専門クリニックがあるので、ふいに訪れるというのは良くなく、適当に選ぶと失敗する確率が高いです。費用やサービス、手術の種類などはクリニックによってかなり違うので、悪質なところに引っかからないよう口コミや実績をよく調べて行くべき病院を決めることが重要です。

そして目ぼしいところが見つかったら、カウンセリングの予約をし、病院に相談に行くという流れになります。最近は電話ではなく、ネットからメールで予約することも可能なので、気軽にメールでやりとりして予約することができますよ。予約が終わったら、いよいよ予約した日に病院を訪れることになります。

続きは、「包茎手術までの流れ」をご覧ください。

包茎手術の基礎知識について(後編)

基礎知識「包茎手術の気になる痛み」について

包茎手術を実際に受けるとなると、大事な部分にメスを入れることになるので、痛みが気になりますよね。痛みに関しては術後の見た目と同じくらい不安になりますが、包茎手術を受けたことで起こる痛みはどのくらいなのでしょう。

男性器痛みイメージ

包茎手術での痛みは、ほとんどない!

実際のところ、包茎手術そのものの痛みに関しては、ほとんどないと言っても過言ではなく、しっかり麻酔を施すので手術中の痛みはほぼないと言ってもいいでしょう。包茎手術をすることになると、男性のデリケートなシンボルに手を施すことになるので、かなり痛いのではないかと想像してしまいます。しかし包茎手術は居所麻酔で手術するので、痛みがあるとすれば麻酔注射をする際のチクッとした痛みだけで、それ以外の痛みは全くと言っていいほどないようです。

手術中、なにかが触れている感覚はあるものの、それは痛みではないので安心していいでしょう。最近は麻酔技術も発達していて、麻酔が効いているかどうかをきちんと確認してくれ、痛みに弱い人のために何段階にも麻酔を分けて処置してくれるクリニックもあります。包茎手術が痛いという想いは、一度手術を受けると嘘のように解消されると思いますよ。ただ、手術中の痛みはないのですが、術後、じわじわと痛みが襲ってきます。

続きは、「包茎手術の気になる痛みは」をご覧ください。

基礎知識「包茎手術に保険は使えるか」について

包茎手術をするに際してはできるだけ安く受けたいところですが、そうなると保険が使えるのかどうかが気になりますよね。保険が適用されればいいのですが、その辺のところはどうなっているのでしょう。

健康保険イメージ

※参考:Wikipedia「健康保険」

病院での包茎手術は保険が適用される!

実は包茎手術については、病院で治療を受けると保険が適用されるようになっています。そのため、包茎手術の費用を安く抑えたいのであれば、病院の泌尿器科で手術を受けるとよく、かなり費用を安く抑えることができますよ。ただ、注意を要するのは包茎の種類が限られていることで、保険適用の包茎は真性包茎とカントン包茎のみとなります。保険が適用される包茎手術は国が病気として認めた包茎に限定されていて、真性包茎の場合、恥垢が溜まりやすく性病にかかるリスクがあるからです。

また、カントン包茎の場合も同様の理由で、亀頭の根元を締め付けたり、性病にかかるリスクが高くなるので保険が適用されることになっています。これらのことからわかるように、病気と認められない仮性包茎については保険適用外です。日本人男性でもっとも多い仮性包茎に保険が適用されないのは残念ですが、勃起時に皮が剥ける仮性包茎は基本的に保険適用で治療を受けることはできないのです。

続きは、「包茎手術に保険は使えるか」をご覧ください。

基礎知識「包茎手術前にやること」について

日本人男性の約7割は仮性包茎と言われているので、包茎で悩んでいる人は多いでしょう。包茎を改善するには手術を受けるのが一番の打開策なのですが、さすがに大事な部分にメスを入れるとなるとそれなりに心構えが必要です。

PCスマホ検索イメージ

包茎手術前の準備は情報を集めること!

最近は医療技術の進歩により、包茎手術は安全にできる手術と評価されていて、今では日帰り手術も可能です。しかしいくら安全な手術とはいえ、手術前にはある程度の準備と心構えは必要で、包茎手術の前にはまず訪れる病院をしっかり選ぶ必要があります。要するに、事前に評判などを調べておくことが大切で、口コミなどで症例数の多い実績のあるクリニックを調査しておきましょう。

また、包茎手術には切る手術や切らない手術など色々な手法があるので、自分がやりたい手術方法が提供されているのか、そして技術力なども兼ね合わせて調査しておくと良いです。包茎手術は何と言っても仕上がりイメージが大事になってくるので、美しくて綺麗な仕上がりで手術をしてくれるところを探すべきです。そして完治までの期間はペニスが腫れたり、セックスができないので、術後しばらく先の予定なども考慮しながら手術日程を考えることも大事ですよ。

続きは、「包茎手術前にやること」をご覧ください。

基礎知識「包茎手術後にやること」について

無事に包茎手術が完了すると、見た目もスッキリし男としての自信もつくので、いうことはないでしょう。ただ、気をつけないといけないのは、包茎手術後の過ごし方で、ある程度の制約があるので注意しないといけません。

喜びイメージ

包茎手術後は経過観察が必要!

男性の大事な部分に処置を施す包茎手術は、技術が進歩したとは言え、それなりにダメージを受けています。そのため、包茎手術後は経過観察が必要で、少しずつ様子を見ながら行動していく必要があります。手術当日については、包帯はそのままで消毒も必要ないのですが、体はかなり疲れているのでしっかり休養することが大事です。血圧が上がらないよう激しい動きは控えるようにし、安静を保つようにして、しばらく運動はしないようにしましょう。

風呂なども避けることが大事で、少なくとも手術後2日間はタオルで体を拭くだけで済まし、シャワーは3日目以降から浴びるようにします。湯船につかっての入浴は包茎手術をした後、抜糸が終わって2週間くらいしてからが理想的なので、それまでは我慢することです。オナニーやセックスについては、できれば包茎手術後1ヶ月間はしない方がいいので、禁欲生活は辛いですが、しばらくはしないようにしましょう。

続きは、「包茎手術後にやること」をご覧ください。

基礎知識「包茎は遺伝なのか」について

男性にとって包茎の悩みは深いものがありますが、考えてみると成人になって皮がきちんと剥けて包茎から自然とサヨナラする人もいます。そうなると、包茎になるのは遺伝も考えられるように思いますが、その辺のところはどうなのでしょう。

親子イメージ

包茎と遺伝については医学的なデータはない!

包茎で悩む男性の中には、自分の父親が包茎だから自分も包茎だと諦めている人が意外と少なくありません。しかし、包茎と遺伝については医学的に証明されたデータはなく、遺伝で包茎になるとは言えないのです。父親が包茎だと子供も包茎というケースが多いのは事実ですが、それはペニスのサイズが関係しているのであって、サイズが遺伝しているだけです。ペニスのサイズが遺伝しているわけで、サイズが小さいと皮が余りやすくなり、結果、包茎を引き起こしやすくなります。

遺伝については、包茎と因果関係があるのは確かですが、このように包茎それ自体ではなく、間接的な影響で包茎になる確率が高まるのです。父親のペニスの長さは子供に遺伝しやすく、父親が短小だと結果的に包茎が遺伝したと勘違いしやすくなります。日本人は平均的に欧米人よりもペニスサイズが小さいので、確率的に包茎になりやすい人種だということが言えるでしょう。

続きは、「包茎は遺伝なのか」をご覧ください。

基礎知識「40代以上の包茎患者の割合」について

男性が包茎で悩む人の割合は高く、その中でも日本人の場合は大半が仮性包茎だと言われています。ただ、包茎と言うと若い男性のイメージが強く、手術を受けるのは若い人という印象が強いのですが、40代以上の包茎患者の割合はどうなっているのでしょう。

40代男イメージ

40代以上で包茎手術を受ける割合は年々増えている!

最近は高齢化社会の影響もあって、包茎に悩みを抱えるのは若い男性ばかりではなくなりました。平均寿命が延びたことで、いつまでも現役バリバリで働く人が増え、それは性生活にも直接影響しています。中高年男性の40代以上の人でも包茎患者の割合は高く、包茎手術は若い世代の年齢の人が受けるものとは限定できないのです。これまでは確かに、40代以上となると精力の衰えも感じられるようになるので、自身が包茎であっても手術をする決意をする人は少ない状況にありました。

しかし今の時代、40代以上と言っても元気な人が多く、見た目も若く、精力旺盛な人が多いです。そうした中、40代や50代でも包茎手術を受ける人は沢山いて、その割合は年々増えている状況みたいですよ。まだまだ若い人には負けていられないという気持ちで、包茎手術を受けて新たに性生活を充実させようとする中高年男性は実は沢山いるのです。簡単に言えば、包茎手術は年齢には関係ないと言えるでしょう。

続きは、「40代以上の包茎患者の割合」をご覧ください。

基礎知識「年間の包茎手術の件数」について

最近は若い人だけにとどまらず、市場の拡大や技術力の向上などで高齢者でも包茎手術を受ける人が増えているようです。そうした中、気になるのが実際にどのくらい包茎手術が行われているかですが、年間の包茎手術の件数はどのくらいなのでしょう。

年間件数グラフ

年間の包茎手術の件数は、保険適用手術2千件の約50倍以上と推測!

男性の性の悩みと言えば包茎というくらい、実際に悩んでいる人の割合は多いので、年間に行われている包茎手術の数はどのくらいあるのか興味深いところです。最近は全国各地に包茎専門クリニックが新たに登場していて、そうした事実は包茎治療に対する需要の高さを示していると言えます。自分が包茎手術を受ける場合、年間の包茎手術の件数というのは1つの参考データになり、どのくらいの数かわかれば安心材料にもなりますよね。

ただ残念ながら、包茎手術を受ける人の多くは病院の泌尿器科ではなく、包茎専門クリニックで受けているので、正確な年間の包茎手術の件数は明らかにされていません。しかしながら、かなりの数に登っているのは確かで、病院での保険適応手術と比較すると50倍以上の数をこなしているのではと推測されます。病院の泌尿器科で行われている保険適用手術件数は年間でも2千件程度ですが、専門クリニックの場合、トータルすると10万件くらいはこなしているのです。

続きは、「年間の包茎手術の件数」をご覧ください。

基礎知識「包茎手術の歴史」について

包茎手術というと、余った皮を切除することで亀頭を露出させる方法になりますが、なぜこうした手術が行われるようになったのか不思議な気がしないでもありません。そこで包茎手術の歴史を紐解いてみました。

歴史エジプト壁画

包茎手術の歴史はエジプト神話に既に登場!

包茎手術というと、何となく最近やり始めたのではという印象を持つ人も少なくないかもしれませんが、実は歴史は意外と古いです。エジプト神話に既に登場していて、男性のミイラは割礼されていたという事実があります。また、世界各国で儀式として行われていた経緯もあり、清浄さを求めるために包茎手術は昔から執り行われていたのです。このように包茎手術の歴史はかなり古く、紀元前にまで遡るのですが、包茎手術の発祥は明確でないというのが本当のところです。

儀式としての包茎手術はやがて近代医学へと継承され、かつては自慰行為が記憶力低下や心臓病などにつながるとして、防止目的で包茎手術が行われていた時期もありました。これらは明らかに迷信であり、今では包茎は不衛生で性病などにかかりやすいリスクがあることから包茎手術は行われていて、実際それは医学的にも立証されています。ただ、包茎手術に関する価値観は各国で異なり、今でも伝統的に割礼を行っている国があります。

続きは、「包茎手術の歴史」をご覧ください。

基礎知識「包茎手術と包茎治療の違い」について

包茎を改善する場合、何等かの治療をする必要があるわけですが、包茎手術と包茎治療では何がどう違うのでしょう。一般的には包茎手術はメスを施すもので、包茎治療の場合、メスを入れるのではなく器具などを使って改善していくというのがおおよその見解のようですね。

包茎手術器具

※参考:上野クリニック「包茎手術」

包茎手術は包茎治療の1つであるという考え!

包茎手術と包茎治療には明確な違いはなく、包茎手術は包茎治療に包括されるものの1つであると考えるべきです。ペニスの亀頭に常時皮が覆っている真性包茎の場合、解消するには手術が必ず必要で、セックスや日常生活などに支障きたすので包茎手術するしかありません。仮性包茎の場合は必ず手術の必要はないのですが、見た目の恥ずかしさもあるので思い切って手術する人も少なくないです。

夫婦生活に特に支障をきたすことはないのですが、仮性包茎をきちんと治療しておけば、パートナーも安心できるでしょう。仮性包茎は病気ではないので、すぐに治療が必要なわけではなく、放っておいても改善する可能性があります。しかし包茎手術を受けると衛生面を改善でき、清潔になることができるのでメリットは非常に大きいです。単なる包茎治療というよりは、余った包皮を切除して根本的に包茎を治すことができるので、包茎手術を受ける意義は高いと言えるでしょう。

続きは、「包茎手術と包茎治療の違い」をご覧ください。

基礎知識「包茎手術以外の治療」について

包茎を治す場合、何がなんでも手術をするしかないと思いがちですが、実は手術をしなくても自力で改善する方法があります。長年のコンプレックスを手術しないで改善できるとすれば有り難いことですが、手術以外の治療とはどのようなものなのでしょう。

精力サプリイメージ

包茎手術以外の治療は普段から意識的に自分で皮を剥いておく!

包茎手術以外の治療で最も簡単な方法は、普段から意識的に自分で皮を剥いておくというものです。実に簡単な方法ですが、意外と効果的で入浴の際にローションなどを使って優しく剥く練習をすると、次第に亀頭がスムーズに露出できるようになります。とても原始的な方法ですが、仮性包茎を改善するにはもってこいで、器具も使用しないのでコストもかかりません。生まれた時は元々包茎なので、包茎を改善するには皮を剥く習慣が大事で、日々の努力こそが包茎治療に結びつくのです。

また、皮を剥くと同時にマッサージするのもオススメで、皮を剥いて亀頭を中心に刺激を与えるようにしていくと亀頭が鍛えられ、より皮が剥けやすくなりますよ。こうした方法で包茎が直る保証はありませんが、少なくともマッサージしないよりはした方が効果的なのは確かなので、地道に継続してみる価値はあるでしょう。包茎を改善した例は実際にあるので、とりあえず手術をする前に試してみることです。

続きは、「包茎手術以外の治療とは」をご覧ください。

基礎知識「包茎手術クリニックの選び方」について

包茎手術を受ける場合、ほとんどの人は病院に行くのではなく、仕上がりがキレイな包茎クリニックを目指します。ただ、包茎クリニックの数は最近どんどん増え続けているので、選ぶコツはしっかり把握しておきたいところです。

選び方

包茎手術クリニックは明朗会計のところを選ぶ!

基本的に包茎クリニックを選ぶ場合、明朗会計であるところを選ぶべきで、儲け優先のところは要注意です。利益だけ優先しているところは、余計な出費がかかることが多いので気をつけましょう。包茎手術は一生に一度の手術になるので、明朗会計で常に患者に対して安心を配慮しているクリニックを選ぶことが大事で、そうしたところは信用できます。料金が適切なところは、安全性の高い包茎治療を実施しているところが多く、しっかりとした納得のいく結果を出してくれるものです。

自由診療のクリニックは料金が統一されていないからこそ、良心的な配慮が望まれ、適正価格で包茎手術をしてくれるところを選ぶべきなのです。ただし、料金が安ければ良いというものではなく、あまりに安価なところは未熟なバイト医師や研修医が執刀することもあるので失敗する可能性があります。カウンセリングの際、料金は明確なのかどうか、そして術式や対応サービスなどと合わせてじっくり検討していきましょう。

続きは、「包茎手術クリニックの選び方」をご覧ください。

基礎知識「包茎手術の気になる副作用」について

包茎手術を受ける場合、料金や治療方法などが気になりますが、術後に最も心配になるのが副作用です。痛みはしばらくすれば引いてくるでしょうが、取り返しのつかない副作用に見舞われたとしたらと思うと不安ですよね。

副作用イメージ

包茎手術の副作用で危惧されているのが感染症!

最近の包茎手術は技術が進化しているので、後で副作用が出ることも少なくなりました。しかしそうは言っても手術なので、副作用が出ることはあり、包茎手術の場合、特に危惧されているのが感染症です。手術すると患部には傷口ができて細菌が繁殖しやすい状態になっているので、副作用として感染症にかかりやすいのです。清潔な状態を維持せずにいい加減に対処していると感染症にかかるリスクがあるので、術後は包帯をマメに変えるなど常に性器を清潔に保ってあげましょう。

感染症の副作用が起こらないようにするには、いかにセルフケアをしっかりするかがポイントになるので、自己管理はきちんとすべきです。また、少しでも違和感があるなら、すぐに病院に行って診察を受けるということも忘れてはいけません。場合によっては、皮膚の損傷や血腫を引き起こす可能性もあるので、不具合を感じた時はいち早く医者に診てもらいましょう。

続きは、「包茎手術の気になる副作用は」をご覧ください。